ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「採用の神さま」のイマドキ日中就活ルポ 小畑重和

受かるエントリーシートと
落ちるエントリーシートの違いを教えて!
って言われたんやけど…

小畑重和 [(株)トランセンド アジアHRプロジェクト顧問]
【第17回】 2012年1月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 皆さん、こんにちは。自分で言うのもなんやけど、「採用の神さま」小畑重和です。

 年が明けて、日本の13卒就活は、ようやく会社説明会花盛りの時期を迎えました。期末試験をにらみながらも、説明会に参加し、そろそろエントリーシートの準備に入る人も多いと聞きます。

 そうしたなか、「受かるエントリーシートと落ちるエントリーシートの違いを教えて!」と編集部に質問がありました。

 ボクが採用を始めた1980年代は、もちろんエントリーシートはありません。2000年代にリクルートエージェントの採用をやっていたときも、エントリーシートでの選考をしていませんでした。ですから、エントリーシートのアドバイスをもらいに、『面接官の本音』シリーズや『就活革命』の著者である辻太一朗さんに話を聞きました。

 今回は、辻さんのアドバイスを元に、採用の神さま流「受かるエントリーシートと落ちるエントリーシートの違い」をお教えします。

9割が不合格、倍率100倍当たり前
数千~数万人から選ぶ採用の裏側

『面接官の本音』、『就活革命』の著者である辻太一朗さん

 辻さん、こんにちは。

 今日は、エントリーシートについて教えて下さい。4、5年前にボクが、リクルートエージェントの採用をやっていた時は、エントリーシートを使ってなかったもので…。

 「小畑さん、こんにちは。よろしくお願いします。いきなりですが、リクルートエージェントは、エントリーシートがなくて、どうやって選考していたんですか?応募者全員を面接ですか?」

 いやいや、それは無理でしたわ。まずは「会社説明会参加」を選考の条件としていました。以前からそうだったようです。

 「それでは、説明会に参加した人を全員、面接に呼ぶんですね?」

 いやいや、参加した人のうち、選考希望の学生には、テストを受けてもらいます。その結果で、ある程度に絞らせてもらっていました。

 「ある程度って、実際の数字はどれくらいですか?」

 そうですね、例えば、100名ほどを採用した09年卒採用時のことでいいますと、まずナビサイトで、リクルートエージェントに登録している就活生がおそらく1万7000名程度。その中で、説明会参加が3500名くらいですかね。そしてテスト参加が3000名くらい。そして、これは時間との戦いでもありますが、2000名~2500名くらいをグループディスカッションや面接に呼んで、絞っていきました。

 「ひょっとしたら説明会への参加も絞り込みで激戦だったのかもしれませんが、説明会参加から内定までの倍率だけで30倍もありますね」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小畑重和 [(株)トランセンド アジアHRプロジェクト顧問]

1959年京都市生まれ。82年京都大学法学部卒。同年リクルート入社。入社後、10年間、人事採用担当・責任者として、高成長期のリクルー トの採用をささえる。キャリアスクール「i-Company」校長、リクルートエージ ェントの採用部長を経て、現在、主に北京で中国人大学生を採用する(株)トランセンド AHRP事業顧問。公式サイトhttp://obatashigekazu.net/


「採用の神さま」のイマドキ日中就活ルポ 小畑重和

「第二次就職氷河期」と呼ばれ、学生たちの就職難が問題視されている日本。その一方で、中国進出やグローバル化を視野に入れた多くの企業が熱い視線を寄せるのが中国の学生だ。本連載では、これから一層注目を集める中国の就活事情を明らかにするとともに、日本人の学生が彼らに負けないための処方箋を探る。

「「採用の神さま」のイマドキ日中就活ルポ 小畑重和」

⇒バックナンバー一覧