ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3.11の「喪失」~語られなかった悲劇の教訓 吉田典史

医師会職員の脳裏から消えぬ遺体安置所の記憶
14歳の娘の顔に“死に化粧”を施す父母の会話

――神奈川県医師会地域保健課長・堀川尚己氏のケース

吉田典史 [ジャーナリスト]
【第1回】 2012年2月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 昨年3月11日の大震災から1年近くが経つ。死者・行方不明者は約2万人に及ぶ。だが、今なお死に至った経緯や状況がわからない場合がある。遺族らの声も、次第に小さくなっていく。一方で、震災の真相や被災地の実態を押さえることがない「復興」が、進められていく。

 3.11がもたらした「喪失」は、日本人にどんな教訓を投げかけているのか。日本が真の復興を遂げられる日は来るのか。その問いかけをまだ止めることはできない。いや、止めてはいけない。筆者は今、そんな気持ちを強くしている。

 そこでこの度、昨年末に終了した連載『「生き証人」が語る真実の記録と教訓~大震災で「生と死」を見つめて』の続編を執筆することにした。

 震災から1周年の節目に、遺族、検死医、防災学者、地震学者といった「生き証人」たちを改めて取材し、いまだ癒えることのない震災の“深い傷”を浮き彫りにしたいと思い立ったのである。

 あの日、日本人が失ったものは何だったのか――。関係者のエピソードと共に、置き去りにされた課題と教訓を、読者と共にもう一度考えてみたい。


娘と同じ年齢の遺体が――。
涙をこらえるのに必死だった

神奈川県医師会 堀川尚己氏

 「娘と同じ年齢の14歳だった……」

 JR京浜東北線の関内駅から歩いて、10分ほどにあるビルの3階。社団法人神奈川県医師会の会議室。地域保健課の課長・堀川尚己氏(55)は、メガネを取り、天井の左上の方を見上げた。涙が流れるのをこらえているようだった。

 「遺体安置所の隅で、ご遺体の検案をしていると、ご遺族の声が聞こえてくる。遺体が並べられたところと、我々がいる場所の間には青いビニールシートが吊るされているだけ。その向こうにいる遺族のやりとりが、耳に入る」

 私は気が引けるものがあったが、あえて尋ねた。「女の子の遺体は……」。堀川氏は、自らに言い聞かせるように答えた。

 「その子の父親と母親が会話をしていた。そのやりとりが耳に入ってきてしまう。私にも14歳の娘がいる……。涙が出てくるのをこらえるのに、必死だった……」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田典史 [ジャーナリスト]

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2006 年からフリー。主に人事・労務分野で取材・執筆・編集を続ける。著書に『あの日、負け組社員になった・・・』『震災死 生き証人たちの真実の告白』(共にダイヤモンド社)や、『封印された震災死』(世界文化社)など。ウェブサイトでは、ダイヤモンド社や日経BP社、プレジデント社、小学館などで執筆。


3.11の「喪失」~語られなかった悲劇の教訓 吉田典史

東日本大震災からもう1年が経とうとしている。人々の記憶も薄らぎ始めた。しかし、国の復興対策はなかなか進まず、被災者・遺族の心の傷も癒えない。3.11がもたらした「喪失」は、日本人にどんな教訓を投げかけているのか。日本が真の復興を遂げられる日は来るのか。その問いかけをまだ止めることはできない。いや、止めてはいけない。遺族、医師、消防団員、教師、看護士――。ジャーナリストとして震災の「生き証人」たちを取材し続けた筆者が、様々な立場から語られる悲劇の真相を改めて炙り出す。

「3.11の「喪失」~語られなかった悲劇の教訓 吉田典史」

⇒バックナンバー一覧