ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄の「経済大転換論」

日銀の国債購入で財政問題は解決か?

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第7回】 2012年2月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本銀行は、2月14日に追加的な金融緩和策に踏み切った。これによって、長期国債の購入限度額が拡大されることとなった。

 この決定を受けて、株高が進み、円高にストップがかかった。

 これは、「今後いかに巨額の国債発行がどれだけ続こうとも、日銀が購入してくれる」という期待が広まったことによるのだろう。少なくとも、「日本国債がイタリアやギリシャの国債と同様の事態に見舞われることはない」と考えられたからであろう。

 仮にこうした期待が正しいのであれば、安心して国債発行を続けることができる。消費税の増税ができなくとも、あるいは社会保障制度の見直しができなくとも、あまり心配する必要はない。総選挙を控えた政治家は、大威張りで「消費税増税は必要ありません」と言えるだろう。銀行や保険会社は、国債の値下がりを気にすることなく、国債を購入し続けられるだろう。円高による輸出の減少に青息吐息の輸出産業は、一息つけるだろう。

 かくして、事態は政治家、財政当局、金融機関にとって望ましい方向に転換したように見える。

 しかし、本当にそうなのだろうか?

 今回の日銀の緩和策は、国債需給にどの程度の影響を与えるのだろうか? 政治力で押しさえすれば、日銀はいくらでも国債を購入することができるのだろうか? その結果、巨額の財政赤字は、貨幣によってファイナンスされ、日本経済はインフレに突入していくのだろうか?

 これらの問題について、以下に検討することとしよう。

民間金融機関と
日銀による国債購入の仕組み

 どんな経済主体であれ、国債を購入してバランスシートで国債保有額が増えれば、バランスシートの他の項目が変化しなければならない。

 ごく単純化して言うと、民間の銀行の場合には、1990年代までは、負債側の「預金」が増えることと、資産側の国債が増えることが対応していた。しかし、2000年以降は、資産側の「貸付」が減少することによって国債の保有が増えている(ただし、強制的に「貸しはがし」をしているのではなく、企業の資金需要がないために受動的に貸出が減っている)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄の「経済大転換論」

日本経済は今、戦後もっとも大きな転換期にさしかかっている。日本の成長を支えてきた自動車業界や電機業界などの製造業の衰退は著しく、人口減や高齢化も進む。日本経済の前提が大きく崩れている今、日本経済はどう転換すべきなのだろうか。野口悠紀雄氏が解説する。

「野口悠紀雄の「経済大転換論」」

⇒バックナンバー一覧