ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
財部誠一の現代日本私観

家電メーカー全滅決算の読み方

財部誠一 [経済ジャーナリスト]
【第11回】 2012年2月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 エレクトロニクス業界の決算説明会は日本中の中小企業を震え上がらせた。

 自動車とともに日本経済を支える二本柱であるエレクトロニクス業界の12年3月決算は巨額赤字や大規模な人員合理化など、惨憺たるありさまとなったからだ。震災、タイの大洪水、そして超円高等々、3月決算が絶望的な数字にならざるをえないことくらい、製造に関わる人々であれば誰もが覚悟していた。だが2月に入り、エレクトロニクスメーカー各社が続々と明らかにした2011年度決算は、彼らの覚悟を切り裂き、恐怖を塗り込むものとなった。

数千億円規模の赤字が続々…
「軽電」と「重電」メーカーで明暗くっきり

 ソニーは赤字幅を当初の900億円から2200億円へと大きく下方修正した。これでソニーはなんと5年連続の赤字決算となる。しかも2000億円を超える赤字が2年続くことになる。ソニーの苦境は尋常ではない。

 かつて「世界の亀山モデル」とまで言われた液晶テレビの覇者、シャープの落日ぶりも胸を突く。昨年10月時点では60億円と予想されていたが、一転、2900億円もの赤字計上に追い込まれた。大幅赤字の原因は言うまでもなく、テレビ事業の低迷と液晶パネル価格の暴落だ。

 NECの大規模な人員削減も耳目を集めた。2012年度の上半期中に、国内外で1万人を削減するという。削減する1万人のうち正社員が5000人にのぼる。NECグループの正社員総数11万人のうちの4.5%に相当するという厳しいものだ。収益が厳しいから人員合理化が不可避となるが、人員合理化に伴う費用急増で収益はさらに下振れする。NECは1万人削減に伴う費用として400億円の特別損失を計上。最終利益は当初予想された150億円の黒字から、1000億円の赤字に転落する。

 しかしなんといっても衝撃的だったのはパナソニックだ。尼崎工場(兵庫県尼崎市)の薄型テレビ用パネル生産の一部停止、人員削減の前倒しなどの構造改革にともなう莫大なコストが発生することを見込んで、昨年10月末時点で、12年3月期は4300億円を越える巨額赤字になりそうだとの見通しが公けにされていた。シャープやソニーの赤字を大幅に超える欠損が出るということだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

財部誠一 [経済ジャーナリスト]

1956年生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、野村證券に入社。同社退社後、3年間の出版社勤務を経てフリーランスジャーナリストに。金融、経済誌に多く寄稿し、気鋭のジャーナリストとして期待される。BS日テレ『財部ビジネス研究所』、テレビ朝日『報道ステーション』等、TVやラジオでも活躍中。また、経済政策シンクタンク「ハーベイロード・ジャパン」を主宰し、「財政均衡法」など各種の政策提言を行っている。


財部誠一の現代日本私観

経済ジャーナリスト・財部誠一が混迷を極める日本経済の現状を鋭く斬るコラム。数々の取材から見えた世界情勢を鋭く分析するとともに、現代日本にふさわしい企業、そして国のあり方を提言していく。

「財部誠一の現代日本私観」

⇒バックナンバー一覧