ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

行革なき消費税増税が招く行政の肥大化とムダ拡大

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第123回】 2012年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

行政改革を「官僚主導」で進めた日本
「民間主導」で進めたオーストラリアの違い

 私は1994年にオーストラリア政府の招きで訪豪し、行政改革について多くのことを学んだ。

 私の学生時代に発足した、池田勇人内閣の「行政改革調査会」(佐藤喜一郎会長)以来、行政改革に関する政府の諮問機関は、途絶えた期間は短く、形を変えながら次々と設置されて答申をまとめて発表してきた。

 だが、答申内容とそれを受けての実績の落差はあまりにも大きかった。佐藤調査会の分厚い答申に対しても、実績は「一省一局削減」と「総定員法の制定」くらいなもの。

 どうしてそうなったのか。答ははっきりしている。わが国では行政改革や官僚改革まで官僚主導で進められてきたからだ。

 オーストラリアでは、80年代に、大がかりな行政改革に取り組み、機構改革、行政の簡素化、政治主導体制などで大きな成果を挙げていた。

 だから私は視察の大半の日程を、行政改革を断行した民間人との面談に割いた。

 オーストラリアは、エリザベス女王を戴いた日本とよく似た議院内閣制をとり、日本と共通の制度上の問題を抱えていた。

 ところが、何組かの人たちと会談した際、1つの事実によって決まってこちらの本気が疑われてしまった。

 それは、「日本では行政改革も官僚が主導するそうだが、それで行政改革ができるはずがない」ということである。

 彼らの一言一言は、私が以前から感じていたことを確認させるものだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧