ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

研究所“閉鎖”命令を機に起業を決意
目指すはグローバル創薬イノベーター
ラクオリア創薬社長 長久 厚

週刊ダイヤモンド編集部
【第181回】 2012年3月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ラクオリア創薬社長 長久 厚
Photo by Nobuhiro Senda

 浮き沈みの激しいベンチャー企業。中でもハイリスク・ハイリターンとされるのが、創薬ビジネスだ。

 探し出した開発化合物が製品に結び付く確率は、文字通り、万に一つ。新薬が世に出るまでに、1000億円の研究開発費と10年以上の歳月が投じられる“ばくち”的な世界だ。

 創薬ベンチャーの苦境が続く中、長久厚が率いるラクオリア創薬(愛知県武豊町)は、昨年7月に上場を果たした数少ない有望株。新薬の種となる開発化合物を探し出し、ヒトへの有効性と安全性を調べるPOC(プルーフ・オブ・コンセプト)試験までが事業領域だ。

 「最低でも2年は帰るな。楽しんでこい」──。

 16歳の誕生日。長久が親愛を込めて「変人」と呼ぶ父親にそう見送られ、ただ1人、異国の地を踏んだ。英会話もできず、通う高校さえ決まっていないという「出たとこ勝負」の渡米は、長久の原点だ。

 父の言葉通り、高校時代は車とガールハントに明け暮れる若者を描いたジョージ・ルーカスの青春映画「アメリカン・グラフィティ」を地で行く生活だったという。だが、根っからのサイエンス好きが高じて、スティーブ・ジョブズが在籍したリード大学へ進学、マサチューセッツ工科大学で博士号を取得した。そして、「母が薬局を営んでいたこともあり、何となく決めた」のが、米国ファイザーへの入社だった。当時は、起業家になるとは夢にも思わなかった。

 今でこそ、起業家として国際業界誌「ファーマスーティカルエグゼクティブ」(2011年12月号)の表紙を飾り、起業家のワールドカップ「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2011」の日本代表候補に選ばれるなど国内外で注目を浴びている。

 だが、07年3月の長久は、ニューヨーク・マンハッタンで現地特有の寒波にさらされていた。

 向かう先は、ファイザー本社。日本法人の、それも研究所の一所長にすぎない長久の渡米目的は、当時のファイザー会長、ジェフリー・キンドラーの決定を覆すという前代未聞の直談判だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧