ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実践するドラッカー【事業編】
【第1回】 2012年3月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
上田惇生,佐藤等 [ドラッカー学会監事]

ドラッカーは世界で初めて
事業を正面から取り上げた

1
nextpage

ドラッカー教授の主要著作のすべてを翻訳し、「日本における分身」と言われた上田惇生氏と、『経営者の条件』を40回読み、読書会を主宰し、ドラッカー学会監事を務める佐藤等氏。最強のタッグによる『実践するドラッカー』シリーズに、最新刊【事業編】が加わった。はたして、ドラッカー教授の考える事業とは? 連載第1回、上田惇生氏に聞く。

事業について正面から取り上げたのは、
ドラッカーが世界で最初だった

ピーター・F・ドラッカー(Peter F. Drucker)とは1909年11月19日生まれ。政治、行政、経済、経営、歴史、哲学、文学、美術、教育、自己実現など、カバーする領域は多方面にわたり、現代社会を読み解く最高の哲人とされる。東西冷戦の終結や知識社会の到来をいち早く知らせるとともに、「分権化」「自己目標管理」「民営化」「ベンチマーキング」「コアコンピタンス」など、マネジメントの主な概念と手法を生み、発展させた。その膨大な著作群は、「ドラッカー山脈」とも呼ばれる。2005年11月11日、96歳の誕生日を目前に世界中に惜しまれて他界。

 1946年に発行されたConcept of the corporation(邦題『企業とは何か』)は、マネジメントについて書かれた世界初の本である。そして同時に、事業について書かれた初めての本でもある。

 なぜなら、「何のために」という事業の存在意義、使命、目的が記されているからだ。それまで、進捗管理など事業のほんの一部のハウツーを取り上げたものはあったが、事業とは何かについて真正面から取り上げたものはなかった。

 続く『現代の経営』でドラッカーは、マネジメントの目的をシンプルに3つ挙げた。「事業」「ヒト」「社会」である。これらは60:30:10の割合で、事業に最も紙数を割いている。ヒトのマネジメントは組織の正当性を担保するものだが、事業のマネジメントは、組織の存在理由そのものにかかわるからだ。

 ドラッカーのマネジメント論の中心には、常に事業がある。『現代の経営』以降も、経営の百科全書『マネジメント――課題、責任、実践』、世界で最初の経営戦略書『創造する経営者』、さらには『イノベーションと企業家精神』、『非営利組織の経営』までもが、「事業」についての本と言える。  

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 

佐藤等 [ドラッカー学会監事]

佐藤等公認会計士事務所所長、ドラッカー学会監事。1961年函館生まれ。1984年小樽商科大学商学部商業学科卒業、2002年同大学大学院商学研究科修士課程修了。1990年公認会計士試験合格後に開業し、現在に至る。主催する(有)ナレッジプラザの研究会として「読書会」を北海道と東京で開催中。

○読書会 http://knowledge-plaza.biz/
○『実践するドラッカー』1DAYセミナー http://d-support-ltd.jp/

 


実践するドラッカー【事業編】

ドラッカー教授のすべての著作を翻訳し、「日本における分身」と言われた上田惇生氏と、読書会を主宰し、ドラッカー学会監事を務める佐藤等氏。最強の二人による『実践するドラッカー』シリーズに最新刊【事業編】が加わった。100万部を突破した『マネジメント【エッセンシャル版】』、『現代の経営』『創造する経営者』などの著作群から、事業の本質を突く名文を選び解説している。本連載では同書の読み所、使い方を紹介する。

「実践するドラッカー【事業編】」

⇒バックナンバー一覧