ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
そして生かされた僕にできた、たった1つのこと
【第3回】 2012年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダン・カロ,スティーヴ・アーウィン,奥野節子

【第3回】
普通の人がしている方法で不可能なら、
普通の規則は自分にはあてはまらない、と決めたら、
ものすごい自由が手に入った
立ちはだかる困難を1つずつ解決していく僕に、 やがて世界は開かれていく

1
nextpage

指がなくても、自分のことは自分でできるようになりたい! 
自分なりのやり方を発見して、1つずつ前に進んでいた僕は、幼稚園で激しいいじめに遭う。そんなある日、突然、背中を押す力を感じ、それに従ってみた……。
感動の軌跡を追った連載、第3回。

「ない」ものではなく、
「ある」ものを使えばいい!

 退院して家に戻れば、両親や兄弟は、以前と同じく家族の一員として心から受け入れてくれました。

 しかし、僕にとっては、フォークを持ったり、髪をとかしたり、ズボンをはいたりというような毎日の作業が、とてつもなく大変なことでした。

 僕は、他の人と同じようにしようとしていました。でも、それは不可能なことだったのです。

 たとえば、僕はスプーンでプリンを食べようと、何千回やってみたかわかりません。そしてようやく、指がなければ他の人のようには食べられない、とわかったのです。

 僕は、自分のことを自分でできないということに、とても苛立ちました。

 人がしているのをまねて、あらゆることをやってみましたが、失敗ばかりでした。

 とうとう僕は、普通の人がしている方法で自分にはできないなら、普通の規則は自分には当てはまらない、と決めたのです。

 僕は、指のない自分の両手を眺めながら、自分自身に言い聞かせました。
指がないのに、指があるように行動してもまったく意味がないのだ、と。

 代わりに、自分にあるものを使い始めました。両手の端を使ってフォークを持ち、食べ物を口に運んだのです。

 大成功でした! やっと自分で食べることができたのです。

 僕の未来は、突然変わりました。もはや誰にも頼らなくてよくなったのです。ようやく自分のことが自分でできるようになりました。

 両手でフォークが使えるなら、同じようにペンも使えるのでは? そう思った僕は、両手でペンをはさんで落書きをし、やがて文字も書けるようになりました。

 口と手首を使って、シャツのボタンもかけられるようになりました。ほどなくして、日常のことはほとんど一人でできるようになったのです。

 パジャマのズボンを引っ張り上げ、Tシャツをかぶり、ファスナーをしめられるようになりました。フリスビーを飛ばし、野球のバットを振ることもできました。家族でキャンプに行った時には、弓を射ることもできたのです。

 ただし、靴ひもを結ぶことを除いては……。どんなに一生懸命努力しても、細い靴ひもで結び目をつくることはできませんでした。

 5歳になった時、左手の親指の形成手術を受けました。これが僕の人生を素晴らしく変えてくれることとなります。

 その親指に慣れていくにつれて、目の前に新しい世界が開かれてきたのです。

 やがて、いかなる難題にも、確信と信念をもって向こう見ずに身を投じてよいのだと考えるようになりました。
それは僕に、計り知れない自由の感覚を与えてくれたのです。

 でも、新しい親指を使っても、靴ひもを結ぶことは他の何よりも難しく、苛立たしいものでした。

 これができないことで、まるで敗北者の烙印を押されたように感じ、人格上の欠点だとさえ思い始めたのです。

 僕は、負けを認めてしまうのではなく、どんなに時間がかかっても、成功するまで毎日靴ひもを結ぶ練習をしようと誓いました。

 しかし、この後、人生で最大の挑戦が始まろうとしていたのです。

次のページ>> 屈辱の日々
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ダン・カロ(Dan Caro)

1979年、米国ルイジアナ州南部に生まれ。1982年、2歳のときに事故で全身に重度の火傷を負い両手の指を失ったが、幼い頃にプロのドラマーになることを誓い、ロヨラ大学などで音楽と音楽セラピーを学んだ。
ロヨラ大学では、有名ドラマーであるジョニー・ヴィタコヴィッチに師事し、在学中に、ギタリストのブランドン・タリコーンらと「ブラザーフッド・オブ・グルーヴ」を結成する。その後、フリーのドラマーとなり、マイケル・レイ&ザ・コズミック・クルーなどの有名アーティストらと多数の共演を果たしている。
現在もプロのドラマーとして活動しながら、自己啓発の講演者として、どんな障害があっても決して自分の夢をあきらめなかった自身の生き方を全米で語っている。ニューオーリンズ在住。www.dancaro.com
 

スティーヴ・アーウィン(Steve Erwin)
作家であり、数々の賞を受賞したジャーナリスト。イマキュレー・イリバギザとの共著『生かされて。』はニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーとなった。
 

奥野節子(おくのせつこ)
北海道生まれ。高校の英語教師を経て、ジョージ・ワシントン大学大学院修了後、ニューヨークの米企業に勤務。訳書に、『「死ぬこと」の意味』(サンマーク出版)、『ジョン・オブ・ゴッド』『オーブは希望のメッセージを伝える』(以上、ダイヤモンド社)など多数がある。
 


そして生かされた僕にできた、たった1つのこと

両手の指を失いながらも、プロのドラマーになった少年の実話
彼を紹介するテレビ番組が、全米ネットで放映された後、視聴者から何千通もの感謝の手紙が寄せられました。彼の名は、ダン・カロ。2歳の時に不慮の事故で全身に重度の火傷を負い、奇跡的に一命はとりとめたものの、その代償としてその後の人生に残酷としか言えない運命を背負うこととなります。顔も体もそのほとんどが焼けただれ、鼻や唇、そして両手の指も失ってしまった彼を待っていたのは、周囲からの差別や偏見の眼差しでした。しかし彼は決して悲観的になることはなく、プラス思考にだけ集中し続けたのです。その結果は……誰もが思っていた以上のものでした!
 

「そして生かされた僕にできた、たった1つのこと」

⇒バックナンバー一覧