ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
超実践!ソーシャルメディア・プロモーションで売上を増やす方法
【第2回】 2012年3月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌倉 圭 [エスプロックス代表取締役]

日本発のSNSを
ビジネスに活用しよう!

1
nextpage

SNSでプロモーションというと、すぐにフェイスブックと思われがちだが、実は、ミクシィ、グリー、モバゲーのような日本発のSNSこそ、プロモーションに向いているのである。ユーザー数が多く、機能も使いやすく、販促に必要な要素がすべて揃っているからだ。ミクシィ、グリー、モバゲーの特長について紹介しよう。

ミクシィ、モバゲー、グリーはプロモーションに使える!

 今、ソーシャルメディア・プロモーションと言えばフェイスブックのことを思い浮かべる人も多いだろう。世界的に見て、フェイスブックの勢いはすごい。2011年5月には、7億人を突破したそうだ。日本では、映画『ソーシャル・ネットワーク』公開後あたりから急に増え始め、今では1000万人程のユーザーがいる。

 しかし、まだ1000万人である。ツイッターは1500万人。

 ミクシィ、グリー、モバゲーはどれも2000万人超のユーザーがいる。

 総務省発表の資料によると、日本のインターネット人口は9400万人程度(2011年1月)なので、フェイスブックをやっているのはインターネット人口の10%程度に過ぎない。

 たまに「フェイスブックをやらないと乗り遅れる!」と焦っている人を見かけるが、そんなことはない。ソーシャルメディアを教える側の人が「乗り遅れるぞ!」とあおっているだけだ。

 僕自身の感覚では、海外向けにビジネスをやっているのでない限り、フェイスブックはそれほどプロモーションに向いているわけではない。周囲を見てみても、フェイスブックでプロモーションがうまくいったという例は少ない。

 ただし、フェイスブックが向いている場合もある。25~45歳のビジネスパーソン向け商品のプロモーションが向いている。起業家向け、社長さん向けなど意識の高い人向けのもの。新しいものが好きで、好奇心旺盛な人、ブランディングに興味がある人向けもいい。

 要は、プロモーションしたい商品・サービスによって、活用するメディアを選ぶということである。僕はミクシィ、グリー、モバゲーのような日本発のSNSを活用することが多い。ユーザーが多く、機能も使いやすく、プロモーションに必要な要素がすべて揃っていることが主な理由だ。今回は、あらためてミクシィとグリー・モバゲーの特長についてお話ししたい。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    鎌倉 圭 [エスプロックス代表取締役]

    1979年長野県生まれ。高校時代にバンド活動を始め18歳で上京。税理士試験の勉強をしながら、地道に音楽活動に励む。2006年12月、税理士試験に合格したにもかかわらず、本格的に音楽活動を開始する。2007年7月、1stアルバム「love activity」が全国発売。本アルバムは、iTunes Storeチャートにて、5位を獲得。2007年8月、ソーシャルメディア・プロモーション会社の株式会社エスプロックスを設立。2008年7月発売、配信ミニアルバム「K!Tunes」、9月発売、配信シングル「キズナ/デジタル難民」、10月発売、2ndアルバム「Social Network」は、iTunes Storeチャー トにて、三作品連続1位を獲得。また、2ndアルバムは、この年のiTunes・ベスト・インディーズアルバムに選ばれる。2010年9月、税理士登録し、2010年10月、税理士事務所を設立。2012年2月、お笑い芸能プロダクションの株式会社ニュースタッフプロダクションを設立。


    超実践!ソーシャルメディア・プロモーションで売上を増やす方法

    マスメディアを使った販促は費用対効果が見えにくい。それに比べてミクシィ、フェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)を使えば、低コストで潜在顧客を開拓し、成約につなげることができる。では、どうすればSNSを使った効果的な販促活動ができるのか? 売上アップにつながる超実践的ソーシャルメディア・プロモーションの方法を紹介する。

    「超実践!ソーシャルメディア・プロモーションで売上を増やす方法」

    ⇒バックナンバー一覧