ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

イノベーションの発想は
過去の成功体験を捨てることから

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第79回】 2018年4月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

外部環境の変化とは

 外部環境の変化には、現在視点と将来視点の2つがあるが、今後イノベーションのアイデア創出には、将来視点の外部環境の変化が重視されるようになるであろう(図3)。現在視点の外部環境の変化にも適切に対応する必要はあるが、それは従来の問題解決型のアプローチで対処することが可能であり、そこから革新的なアイデアが生まれることは稀である。

 将来視点の外部環境の変化は、社会・経済・産業における構造変化、顧客や生活者のライフスタイルや価値観の変化を意味しており、これを見極めるにはそこから生まれてくる未来像を描くことが求められる。今後予想される外部環境の変化は、少子高齢化社会など人口動態の変化、市場のさらなるグローバル化、製品からサービスへの転換など多岐にわたる。AIやIoTなどのデジタル技術の台頭による影響も、将来視点の外部環境の変化として考慮しなければならない。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧