HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

野田首相もついに国会で「引きこもり」に言及
問題進展に奔走したある国会議員の苦闘

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第101回】

 「引きこもりがだんだん解消されていくことは、分厚い中間層の復活につながる。これから厚労省の取り組み強化の動きを、私も後押しをしていきたい」

 3月16日、高年齢化、長期化する引きこもり問題が参議院予算委員会でも取り上げられ、野田佳彦総理大臣は、こう答弁した。

 可もなく不可もなく生きてゆく、この野田首相の持論の「分厚い中間層」を構築することがいいかどうかの議論は別にして、「引きこもり」という文言を使い、総理大臣が国会で対策に言及するのは、おそらく初めてのことだろう。

 前回の当連載で、英国の国営放送局「BBC」のディレクターが来日し、日本の引きこもり問題について取材されたこと、英国オックスフォード大学の英語辞書の単語の中にも「hikikomori」が収録された話を紹介したばかり。ようやく日本でも「引きこもり」という現象が社会的に認知され、長年“放置”され続けてきた問題の解決へ向けて、国のトップも本腰を入れると約束した格好だ。

「引きこもり」を“怠け者”から社会問題に
山本博司議員の奔走

 今回、引きこもり問題を同委員会で取り上げたのは、山本博司参議院議員(公明党)。

 「元々、政治家になったきっかけも、私の娘が重度の知的障害者だったんです。娘の介護や子育てを通じ、行政制度の狭間での苦労を身をもって体験してきて、そういう方々の声を反映できるようにしたいという思いが原点にありました」

 山本議員は、29年間勤めた日本IBMを2006年8月に退職。郷里の四国に戻った後、「全国引きこもりKHJ親の会(家族会連合会)」の支部である香川県や愛媛県の家族会の人たちを地元の議員に紹介され、話を聞くうちに、引きこもり本人や家族の苦悩の世界を実感したという。

 「当時はガイドラインが全国に徹底されていない状況の中で、引きこもりという存在が怠け者のように見られていた時代ですから、親御さんたちは、どこにも相談に行けない。昼夜逆転とか、家庭内暴力とか、様々な問題をそれぞれが味わって、親も高齢化する中で、どうしていいのかわからなくなっていることを認識したんです」

1 2 3 4 >>
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧