ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

ITで東北を元気にしたい!
本業と復興支援の両立を目指す
トライポッドワークス社長 佐々木賢一

週刊ダイヤモンド編集部
【第182回】 2012年3月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
トライポッドワークス社長
佐々木賢一
Photo by Toru Takahashi

 杜の都、仙台。人口100万人を抱える東北地方最大の都市で、2000年から外資系大手ソフトウエアメーカーの東北支社長を務めていた佐々木賢一。佐々木がその要職をなげうって、トライポッドワークスを設立したのは05年のことだった。

 佐々木がかねて抱いていた悩みを解決するには、起業するほかなかったのだ。

 その悩みとは、「中小企業にもっとITサービスを活用してもらいたいが、資金的に難しい」というものだった。

 仙台で1兆円企業といえば、東北電力のみ。それ以外は圧倒的に中小企業が多い。しかも、ITサービスを導入するのは、たいてい大企業のみ。というのも、ITサービスを導入するには初期コストに加え、システムを維持管理するための人員が必要となり、多額の費用が継続的にかかるからだ。

 中小企業にとってこの費用負担は重く、パソコンを複数台導入するのが関の山。とはいえ、中小企業にもITサービスへのニーズはある。それに応えるには、システムを簡略化し、維持管理が不要なサービスを提供する必要があった。

 ところが大手IT企業にとって、顧客の多額の費用こそが収入源。それを失うようなことはできないため、佐々木は起業するしかないと考えたのだ。

地元で働きたいIT技術者を
仙台で獲得

 佐々木は、仙台でIT企業を設立することに優位性があるとも考えていた。

 この考えは、業界の“常識”とは大きく異なる。というのも、IT関連の企業や人材が東京に集中していることは、業界では周知の事実だからだ。

 しかし、佐々木は逆転の発想に立つ。東京に集中しているということは、東京以外に働く場がないことを意味する。つまり、地元に帰って働きたいと思う優秀なIT人材を獲得できるのではないかと考えたのだ。

 「壮大な実験です」と話す佐々木の考えは的中し、地元仙台で働きたいと思う優秀なIT技術者を獲得した。そして、東京オフィスには佐々木の理念に共感し、大手IT企業から転職してきた優秀なマーケティング部隊を置いた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧