ところどころにイラストや絵も描いてある。

この手帳から
「たくさんの発想が浮かび上がってくる」

 この営業マンは「手書きがポイントで、パソコンやスマホではいいアイデアは出ない」と話していた。

 実際、この手帳から「たくさんの発想が浮かび上がってくる」と言っていた。

 この方に限らず「手書きの方が何倍も発想が広がる」といった話はよく聞く。誰しも「デジタルツールより手書きの方がアイデアが出る」といった経験があるはずだ。

 パソコンを目の前にすると何もアイデアは出てこないもの。

 しかし、手書きの場合は違う。なんでもいいので思いついた内容を書いているうちに《あっ、これだ!》とひらめいたりする。

 自分の手を動かして何か書くことで、脳が刺激されアイデアがどんどん出てくる。だからトップ営業マンはデジタルツールだけでなく“アナログ手帳”を使っているのだ。

 デジタルに偏っている人はぜひアナログ手帳も積極的に活用してみてほしい。ちょっとだけ高級なアナログ手帳を手にした時、必ずや新しい扉が開くだろう。