セクハラ疑惑が浮上した財務省の福田淳一現財務次官(中央) Photo:毎日新聞社/アフロ

森友学園をめぐる公文書の改ざん問題で揺れる財務省で、また新たな火種が飛び出した。。福田淳一現財務次官による、女性記者へのセクハラ問題が週刊誌で報じられたからだ。DOL特集「財務省解体の危機」第2回では、次から次に問題が発覚する財務省の行く末を考えてみた。(ジャーナリスト 横田由美子)

問題が次々に発覚し
組織力を失う財務省

 最悪のタイミングで、財務事務次官のセクハラ疑惑が明るみになった。

 今や財務省は、国会を混乱に陥れる“極悪人”となってしまった。次々と事件が発覚し、内部の統制がとれていないのがはた目にも分かるほど。財務省は、日本で最強とも言われた強固な「組織力」を完全に失っている。

 そうした中、今、一番安心している財務省関係者は、佐川宣寿元理財局長・国税庁長官かもしれない。学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決済文書改ざんの指示の有無や、国会での虚偽答弁を問われ、佐川氏が国会の証人喚問を受けたのは3月27日のこと。しかし、ほとんど全ての質問を「刑事訴追の恐れがありますので」という、ただ一言で逃げ切り、疑惑の解明には何一つ協力しなかった。