ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
これからの日本について、自分のアタマで考えよう!
【第2回】 2012年3月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤野英人,ちきりん

この20年間下がり続けている
日経平均にだまされるな!

1
nextpage

現状、日経平均株価は1万円台に乗せたが、それでも1990年の3万9800円の最高値から比べると約1/4の水準。しかし、今の生活を振り返ってみれば、20年前に比較して格段に便利で豊かになっている。ファンドマネジャーとして5500人以上の社長と会ってきた藤野英人さんと、人気ブロガーのちきりんさんの特別対談・第2回は、日経平均株価のカラクリについて語ってもらった。

社会人1年目は不本意な配属だったけど、
それが今の自分を作ってくれた(藤野)

ちきりん 今回の藤野さんの著書には「日経平均は死んだ」とあったんですが、藤野さんは、昔から日経平均に採用されるような企業は投資対象にしてなかったんですか?

藤野 僕はたまたま大学卒業して最初の会社で、日経平均に採用されるような大型株ではなく、時価総額の低い、中小型株に投資する部署に配属されちゃったんですよ。だから日経平均株価の採用銘柄よりはもっと小さな企業の調査をしていました。当時はすごく不満でしたけど、今考えるとそれが今の自分の基礎になっているなと思います。

 その頃の僕は、今の自分から見るととても嫌いなタイプでした。大企業志向が強くて、一流企業とか一流大学卒が偉いとか、そういう価値観をすごく持っていて。だから、中小企業を担当することになって、すごいガッカリ感がありました。たとえば、マツモトキヨシが上場する時なんて「なんだ、この社名は」と(笑)。冷静に考えれば人の名前ですからね。今でこそ社名の違和感がなくなりましたけど、当時は「こんな名前の会社を調査するのか……」って思いましたね。

ちきりん 関西出身。バブル最盛期に証券会社で働く。その後、米国の大学院への留学を経て外資系企業に勤務。マネージャー職を務めたのちに早期リタイヤし、現在は「働かない生活」を謳歌中。崩壊前のソビエト連邦などを含め、これまでに約50カ国を旅している。2005年春から“おちゃらけ社会派”と称してブログ「Chikirinの日記」を開始。政治・経済からマネー・問題解決・世代論まで、幅広いテーマを独自の切り口で語り人気を博す。現在、月間150万以上のページビュー、日に2万以上のユニークユーザーを持つ、日本でもっとも多くの支持を得る個人ブロガーの1人。著書に『ゆるく考えよう』(イースト・プレス)がある。 ブログhttp://d.hatena.ne.jp/Chikirin/  ツイッターアカウント@InsideCHIKIRIN

ちきりん 大企業志向って、学生とか、若いときはみんなよく陥りがちですよね。

藤野 そうなんです(笑)。でも、私はガッカリしながらもきちんと仕事をしようと思って、中小企業やベンチャー企業にできるだけ会社訪問しました。また、逆に社長の方も僕に面会に来るわけですよ。投資してもらおうとしてアピールをしに来るんです。

 1998年くらいまでは、日本企業の株式公開というのは主に相続対策でした。標準的なケースとしては、創業者は30歳で起業して、60歳でIPO(株の新規公開)をするんです。それは数字にも表れていて、創業して平均28.8年くらいで株式公開するというデータがありました。つまり上場時の社長の年齢は60歳前後で、名を遂げた人たちの最後の花道だったんですよ。だから、IPOといいながら入場門じゃなくて退場門だったんです。

ちきりん なるほど、退場門ですか。自分の創業した会社の株を少しでも高く売り抜けて、あとは悠々自適に老後を送ると……。

藤野 そうです。そうした社長たちは「ゴールにたどり着いた、もう退場だ」という意識だから、今後の展望についての話はあまりなくて、「私がいかに成功したか」という自慢話が多いんですね(笑)。

 でも、とはいえ、そういう社長たちに毎日のように接しているうちに、だんだん彼ら・彼女らに魅力を感じるようになってきたんです。当たり前の話ですけど、会社を興して、それを大きくして成功している人たちばかりだから、海千山千の人たちばかりで、ある意味ものすごく存在感があって。さらに、彼ら、彼女らには人を引き付ける魅力がすごくあるわけです。いろいろな人がいて、いろいろな仕事があり、いろいろな人生があって、それぞれ面白い。

ちきりん 何十年も企業を経営してきたというのはスゴイことですからね。

藤野 そして、この海千山千の創業社長たちが、若造の僕に対していろいろ熱心に話しをしてくれるわけです。彼ら、彼女らからすると、若い僕に人生の体験を伝えてあげようという意識は全然なくて、私から本気でお金を引き出そうと手練手管の数々を繰り出すんです。

 今思うと、それこそ僕にとって最高の教育だったんですね。結果的にこれを何年も続けるうちに、知らず知らずにベンチャーマインドが僕の中に打ち込まれていったんです。それで、私は投資するときには、会社の規模ではなく、成長するかしないか、という基準で判断するようになったんです。

ちきりん 彼らからベンチャーマインドを叩き込まれているなというのは、当時から意識されていましたか? ずっと後から、振り返ってそう感じるのですか?

藤野 そうですね。振り返って、でしょうか。当時は全然意識していませんでしたが、毎日、エネルギッシュな社長さんたちにお会いしているうちに、知らないうちに意識が変わっていったんですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


藤野英人(ふじの・ひでと)

レオス・キャピタルワークスCIO(最高運用責任者)
1966年、富山県生まれ。90年早稲田大学法学部を卒業。国内、外資系運用会社を経て2003年8月レオス・キャピタルワークスを創業、CIO(最高運用責任者)に就任(現任)。中小型・成長株の運用経験が長く、ファンドマネジャーとして豊富なキャリアを持つ。現在、運用している「ひふみ投信」は4年連続R&I優秀ファンド賞を受賞、さらに「ひふみ投信」「ひふみプラス」を合わせたひふみマザーファンドの運用総額は600億円を超えている(2015年6月現在)。ベンチャーキャピタリストであり、自身がファウンダーでもあるウォーターダイレクトを上場させ、現取締役。 また東証JPXアカデミーフェロー。明治大学商学部兼任講師。主な著書には『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)ほか多数。

ちきりん

関西出身。バブル期に証券会社に就職。その後、米国での大学院留学、外資系企業勤務を経て2011年から文筆活動に専念。 2005年開設の社会派ブログ「Chikirinの日記」は、日本有数のアクセスと読者数を誇る。 シリーズ累計23万部のベストセラー『自分のアタマで考えよう』『マーケット感覚を身につけよう』(ダイヤモンド社)、『「自分メディア」はこう作る! 』(文藝春秋)など著書多数。

 


これからの日本について、自分のアタマで考えよう!

カリスマ人気ブロガーと辣腕ファンドマネジャーの異色カリスマ対談! 個人のブログで月間150万PVを誇る人気ブロガーちきりんさんと、5500人以上の社長と会い、驚異の運用成績を上げているファンドマネジャーの藤野さん。この2人が初めて顔を合わせ、日本の将来は本当に暗いのか、経済、仕事、資産運用などをテーマに語った!

「これからの日本について、自分のアタマで考えよう!」

⇒バックナンバー一覧