ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

AIJ事件で再燃する
経済犯罪の“刑罰”議論

週刊ダイヤモンド編集部
2012年3月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「経済犯罪に対する日本の刑罰は軽すぎる」――。AIJ投資顧問の巨額年金毀損問題を受けて、金融関係者のあいだで今、こうした議論が再燃している。

 3月22日、証券取引等監視委員会(SESC)はAIJへの検査に基づき、行政処分勧告を行った。このなかで指摘された法令違反行為は、金融商品取引法上の「虚偽の告知」、「運用報告書の虚偽報告」、「事業報告書の虚偽報告」、そして「忠実義務違反」の4つだ。

 このうち「運用報告書の虚偽報告」(42条の7、205条)は、年金資産の大半を毀損していたにもかかわらず、顧客向けの運用報告書のなかで、収益が上がっているように見せかけ、虚偽の記載を行なっていたとして同法違反を適用するというもの。

 しかしこれを適用したところで、最長でもわずか6ヵ月の懲役、または50万円以下の罰金とあって、およそ2000億円もの年金資産を毀損したという事の重大性を鑑みれば、「刑罰が非常に軽い」(複数の金融関係者)。このほかの違反行為についても、せいぜい1年以下の懲役か300万円以下の罰金で、忠実義務違反に至っては登録取り消しなどの行政処分に留まる。

 そこでSESCが強制捜査に乗り出し適用を検討しているのが、「偽計による契約締結」(38条の2、198条の3)。これは、投資運用業者が「偽計」(虚偽のはかりごと)を用いて顧客と投資一任契約を結んだというもので、この場合はわずかながら刑罰が重く、3年以下の懲役、または300万円以下の罰金が課されることになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧