ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

「発言小町」が示すウェブ新聞の方向

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第23回】 2008年4月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「発言小町」は、読売新聞のサイトにあるBBS(電子掲示板)である。前回、簡単に紹介したように、主として女性からのさまざまな分野への投稿とそれに対するレスポンスからできている。月間ページビューは、4000万に迫っているそうだ。これはウェブ新聞の興味ある可能性の方向を示していると私は思うので、以下にやや詳しく論じよう。

 そこで取り上げられているテーマとしては、まず、「嫁と姑」のような古典的テーマや、街角での観察などがある。これらは、「ねえ、聞いてよ」ジャンル、と呼ぶことができるだろう。つまり、昔からある井戸端会議の話題だ。

 私が面白いと思ったのは、「どんな映画DVDを見たらよいか」という質問に対して、じつにさまざまな答えが寄せられていたことだ。これは、「ねえ、聞いてよ」ではなく、「教えてよ」ジャンルだ。人は、教えることに大きな喜びを感じるものだから、助けを求めている人がいれば、先生役は殺到するのである。

 もちろん、こうした匿名掲示板サイトは、これまでもウェブ上にたくさんあった。その代表は、「2ちゃんねる」だ。発言小町がそれと異なるのは、大新聞のサイトであり、しかも投稿に対してある程度の管理がなされていることだ。このため、人々は安心してこのコーナーを訪れることができる。それが「2ちゃんねる」的な掲示板との大きな違いである。また、アクセスが桁違いに多いという点で、個人のブログとも違う。

 人間の気持ちは複雑だ。建前だけの優等生的発言を聞いても面白くない。しかし、匿名で何の制約もない罵詈雑言を聞くと、それが自分に向けられたものでなくても、嫌な気持ちになってしまう。自由と管理の間のバランスを巧みにとるのはきわめて難しいことだが、多くの人がそれを求めているのも、事実である。それを実現する方法として、「信頼される主体がスクリーニングを行なうBBS」は、1つの解になっているようだ。

 繰り返せば、こうしたコーナーに必要なのは、読者の参加と、ある種のオーソライゼーションである。しかも、かなりのアクセスがないと、機能しない。これらの条件をすべて満たす主体は、たぶん日本に数十しかないと思う。新聞社のサイトは明らかにその条件を満たしている。これは、他が追随できない新聞社の圧倒的な強みなのである。

 ウェブ上の新聞は、これまでもさまざまな試みを行なってきた。しかし、それらは、「新聞のウェブサイトでなければできない」ものでは必ずしもなかった。競争相手は、必ず存在したのである(場合によっては、競争相手のほうが強い。たとえば、ウィキペディアがある側面で新聞的な機能を持ち始めているのがその例だ)。しかし、発言小町的なコーナーは違う。これこそが、ウェブ新聞が最も強みを発揮できるところなのである。

なぜ類似コーナーが
他に現われないのか?

 ところで、私が知る限り、他の新聞社のサイトには、この類のコーナーはない。これは、不思議なことだ。なぜ他の新聞・雑誌等のウェブサイトは、発言小町の真似をしないのだろうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
野口悠紀雄氏の最新刊「円安バブル崩壊」好評発売中!

急激な円高と止まらぬ株価下落。日本経済はいまや深刻な危機に。「サブプライムショック」はあくまでも引き金に過ぎない。根本的な原因は、あり得ない円安・低金利政策にある。経済政策の無能を厳しく指弾する痛快経済エッセイ! 1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

本当に使える情報源を求めて、野口教授が広大なインターネット・ワールドを駆けめぐる。各種情報源の特徴から使い勝手まで、辛口コメントを交えて大公開!

「野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道」

⇒バックナンバー一覧