ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップPLUS

親子で遊ぶともっと楽しい!
「ポケモン+(プラス)ノブナガの野望」

石島照代 [ジャーナリスト]
【第9回】 2012年4月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

シミュレーションゲームの復権や新しい挑戦など、さまざまな目的の下に開発された「ポケモン+(プラス)ノブナガの野望」(ニンテンドーDS用)。今回は、本連載の延長戦として、石原恒和ポケモン社長、襟川陽一コーエーテクモゲームス社長(シブサワ・コウ)と一緒に「ポケモン+ノブナガの野望」を遊びながら、ゲームそのもののおもしろさに迫ります。

ブショーとポケモンの組み合わせに燃えた開発陣
「ヒデヨシにはヒコザル? それともマンキー?」

石島(筆者):この仕事をしていると、ときどき「本当はゲーム会社のエライ人は、お金の勘定ばかりに夢中でゲームで遊んでないのでは?」と、読者の方から質問をいただく事があります。実は、結構エライ人もゲームが好きで遊んでいるのですけど、読者の皆さんがご存じないのも仕方がありません。というわけで、今回は「ポケモン+ノブナガの野望」を遊びながら話を聞いていきます。

 今回の「ポケモン+ノブナガの野望」は、ブショーとポケモンがコンビを組んで、戦いに臨む形になっていますね。もし、襟川さんがブショーならどのポケモンとコンビを組んでみたいですか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石島照代 [ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

 


コンテンツ業界キャッチアップPLUS

大好評連載「コンテンツ業界キャッチアップ」の特別バージョン。デジタルエンターテインメント業界注目の新商品やサービスを紹介します。

「コンテンツ業界キャッチアップPLUS」

⇒バックナンバー一覧