ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

東電を矢面に立てる経産省の姑息さ

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第180回】 2012年4月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 4月1日から東電の企業向け電気料金が値上げされ、当然ながらメディア上では東電への批判が目立ちます。値上げに至るまでの東電の対応のずさんさを考えるとそれも当然ですが、ある意味で東電以上に批判されるべきは経産省であることも忘れてはいけないのではないでしょうか。

東電の対応はひどい

 今回の値上げに当たっての東電の対応は非難されて当然です。通常1年の契約期間満了までの間は値上げを拒否できることを説明しなかったことはもちろん、値上げが必要である根拠も十分に説明しているとは言えません。

 例えば、石油や天然ガスの輸入コストが増大するのはやむを得ませんが、為替レートが前回の料金改定時の水準(1ドル107円)のままなのか、原油や天然ガスの価格をいくらに設定しているのかも不明なままです。

 17%という大幅な値上げを強いる以上は詳細すぎる位の根拠を示すべきなのに、それを怠っているというのは、東電が未だに独占的な地位(自由化された企業向けでも94%のシェア)にあぐらをかいているか、詳細なデータを公表すると不都合が生じるからのどちらかしかありません。

 そして、何より問題は、まだリストラが不十分なのに値上げを強行したということです。東電のHPには10年間で合計3兆3000億円のコストダウンが明示されていますが、それが本当に最大限のリストラと言えるのでしょうか。

 例えば、人件費についてみると、一般社員の給与は2割しかカットされておらず、りそな銀行に公的資金が投入されたとき(3割カット)より甘いのです。

 また、コストダウンの内訳を見ても、3兆3000億円の8割がフロー(毎年の経常経費)のコストカットで、ストック部分のリストラはまったく不十分です。東電が法的整理(破綻処理)の道を選んでいれば、既存株式(時価総額で3000億円)、金融債権(3兆8000億円)のカットのみならず、核燃料再処理などのための引当金(3兆7000億円)の多くも取り崩せ、その場合にはストックの部分で数兆円以上のリストラを行えるはずです。

 政府から公的資金を合計3兆5000億円も受け取りながらリストラは不十分、そして値上げに関する説明もまったく不十分であるにもかかわらず、17%もの値上げを行うというのは、やはりおかしいと言わざるを得ません。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧