ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界を巻き込む途上国ビジネス

国連を辞めてまで、僕がNPOを立ち上げたワケ

中村俊裕 [米国NPOコペルニク 共同創設者兼CEO]
【第1回】 2012年4月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先月末の3月31日付で、11年以上お世話になった国連を退職した。僕が共同創設者として米国で立ち上げたNPO法人コペルニクに本格的に専念するためだ。

シンプルなテクノロジーを途上国へ
コペルニクのビジネスモデルとは?

 コペルニクとは、途上国の最貧層の人たちの生活を改善するため、現地に根ざしたテクノロジーを届ける非営利団体だ。僕らが届けるテクノロジーは、ソーラーライトや、浄水器、燃料効率の良い調理用コンロ、太陽光で再充電できる補聴器など、誰でも簡単に利用できるシンプルなものばかり。家庭レベルで日々の生産性を一気に向上させ、彼らの経済的自立を支援している。

コペルニクが途上国に届けているテクノロジーの一部。左から、回転式の水運搬器具「Qドラム」、太陽光で蓄電できる「ソーラーランタン」、口で吸うだけで浄水できる「ライフストロー」。ソーラーランタンは東日本大震災の被災地でも大活躍した。 (C)kopernik

 コペルニクの最大の特徴はビジネスモデルにある。「テクノロジーを持つ企業/大学」「寄付を行う支援者」「NGOなどの現地コーディネーター」、この3者をマッチングし、そのテクノロジーを本当に必要としている人に安価で届けるというものだ。コペルニクはそのプラットフォームとして世界中からテクノロジーと支援者を募ることで、創設からわずか2年で41のプロジェクトを成立させ、11ヵ国の6万3000人を支援した実績を上げることができた。

コペルニクのビジネスモデル(左図)。企業、寄付者、現地NGOの3者をマッチングし、途上国の最貧層の人たちにテクノロジーを安価で届けている。日本語のウェブサイトも開設している(右図)。(C)kopernik

 僕がなぜこのような団体を立ち上げたかというと、それまでの国連スタッフとしてのキャリアの中で、「伝統的な途上国支援の枠組み」に限界を感じていたからだ。途上国の貧困層の人々に支援を直接届けたい、そしてその生活を劇的に改善したい。そのためには「今までにない、革新的な貧困削減の仕組み」をつくりあげなければならないと考え、僕は国連を辞め、コペルニクに賭ける決断をしたのである。

 しかし、それは簡単な決断ではなかった。なぜなら、僕にとって国連は、憧れの仕事だったから。高校時代に、明石康氏や緒方貞子氏が活躍していた国連という仕事について知って以来、将来は国連の仕事に就きたいとずっと思っていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

中村俊裕 [米国NPOコペルニク 共同創設者兼CEO]

京都大学法学部卒業。英国ロンドン経済政治学院で比較政治学修士号取得。国連研究機関、マッキンゼー東京支社のマネジメントコンサルタントを経て、国連開発計画(UNDP)で、東ティモールやシエラレオネなどで途上国の開発支援業務に従事。アメリカ、スイスでの国連本部業務も経験し、ソマリア、ネパール、スリランカなど紛争国を主にカバーしていた。
2009年、国連在職中に米国でNPO法人コペルニクを設立。アジアやアフリカをはじめとする途上国の、援助の手すら届きにくい最貧層が暮らす地域(ラストマイル)へ、現地のニーズに即したシンプルなテクノロジーを使った製品・サービスを提供する活動を行い、貧困層の経済的自立を支援している。
2010年、2011年には、クリントン元米大統領が主催するクリントン・グローバル・イニシアティブで登壇。2011年にはテック・クランチが主催する「クランチーズ」で表彰。2012年、世界経済会議(ダボス会議)のヤング・グローバル・リーダーに選出された。また、テレビ東京系の「ガイアの夜明け」やNHKなどメディアへの露出も増加している。現在は大阪大学大学院国際公共政策研究科招聘准教授も務め、マサチューセッツ工科大学(MIT)、コロンビア大学、シンガポール大学、オックスフォード大学、東大、京大など世界の大学で講演も行っている。2012年、ダイヤモンド・オンラインに連載「世界を巻き込む途上国ビジネス」を寄稿。著書に、『世界を巻き込む。』がある。
☆中村氏twitterアカウント: toshikopernik
☆コペルニク・ジャパンfacebookページ: http://www.facebook.com/kopernikjapan


世界を巻き込む途上国ビジネス

BOPビジネスという言葉も登場し、途上国に新たなマーケットを求めて進出する企業が増えている。しかしその多くは、現地のニーズをきちんと捉えたビジネスモデルになっていないことが多い。長年、国連で途上国の開発事業に携わり、現在は自身が立ち上げたNPOコペルニクにて、シンプルなテクノロジーを途上国に届ける活動を行っている中村氏が、現地ニーズに即した途上国ビジネスについて考える。

「世界を巻き込む途上国ビジネス」

⇒バックナンバー一覧