ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
辺境から世界を変える【取材紀行編】
【第2回】 2011年7月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤徹生 [社団法人wia代表理事]

熱帯特有の色遣い
――カンボジアの社会起業家を支援する中で

1
nextpage

  ラオスを出た後、カンボジアで活躍する何名かの起業家に出会った。カンボジアの社会起業家を支援したいという友人の紹介でのことだ。数年前に何度か訪れたカンボジアは、「虐殺と地雷」という印象のぬぐいきれない陰惨な国だったが、彼ら起業家たちとの出会いによってカンボジアという国が持つ潜在的な可能性に魅せられていった。
  そして僕は、あるNGOを支援することを決めた。代表の名はチャンタ。カンボジア難民として青年期を過ごし、いち早くカンボジアでソーシャルビジネスを立ち上げた女性だ。(チャンタの物語の詳細は本編で描かれている)

 「読み書きのできない女性でも、シルク織り職人なら男性と同等に活躍できるのよ」

 チャンタは、僕にそう言った。そんな彼女の熱意に僕は惹かれていたけれど、僕がその言葉の意味を理解したのは、カンボジア全土を何度か往復してからだった。

 支援するかを決めるため、カンボジアの最北部、ストゥントゥレン州に出向いた。ラオスとの国境地帯としてわずかに知られるだけの辺境の地だ。「主要な産業は何?」と聞いたら、「密輸」じゃないか、という返事を聞いて、思わず言葉をなくした。彼女が運営するSWDC(ストゥントゥレン・ウィメンズ・ディベロップメント・センター)というNGOの本拠地は、ここにある。

エイズに冒された女性たちを看取るホスピスを立ち上げ、
さらに、読み書きの出来ない女性のために職業訓練を始めた起業家

 そこで話をする中で、チャンタの物語の背景がすこしずつ耳に入ってくる。まず、彼女はあえて、荒廃したカンボジアに戻り、エイズに冒された女性たちを看取るホスピスを立ち上げたのだ。

 それを聞いた途端、なんて、「クレイジーなんだろう」という思いが頭をよぎり、頭がぐらぐらした。いくら故郷だとはいえ、地雷が埋まり、銃器が氾濫する国に帰りたいと思うだろうか。その土地で、子どもを育て、暮らしていきたいと思うだろうか。隣人と隣人が銃を向け、戦いあった場所に戻りたいだろうか。僕ならば、そんなことなど忘れて、どこか遠くの国で暮らしたいと思うだろう。でも、彼女は逃げなかった。

 多くの女性の死を看取った後、彼女は読み書きのできない女性のためにシルク織り工房を始める。後に事業の支援を始めた後、「生産性を上げたいなら、マニュアルを作ればよいよ」と軽々しく口にし、後悔したことがある。「読み書きのできない女性がどうやってマニュアルを読むの?」と冷たくあしらわれてしまったのだ。読み書きができない、ということは、工場労働に就くことすら難しいということなのだ。

チャンタ・ヌグワン。読み書きのできない女性のために、カンボジア中を駆け回る。
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


加藤徹生 [社団法人wia代表理事]

社団法人wia代表理事/経営コンサルタント。
大学卒業と同時に経営コンサルタントとして独立。以来、社会起業家の育成や支援を中心に活動する。 2009年、国内だけの活動に限界を感じ、アジア各国を旅し始める。その旅の途中、カンボジアの草の根NGO、SWDCと出会い、代表チャンタ・ヌグワンの「あきらめの悪さ」に圧倒され、事業の支援を買って出る。この経験を通して、最も厳しい環境に置かれた「問題の当事者」こそが世界を変えるようなイノベーションを生み出す原動力となっているのではないか、という着想を得、『辺境から世界を変える』を上梓。
2011年6月末より、東北の復興支援に参画。社会起業家のためのクラウドファンディングを事業とする社団法人wiaを、『辺境から世界を変える』監修者の井上氏らとともに9月に立ち上げた。
twitter : @tetsuo_kato


辺境から世界を変える【取材紀行編】

アジア各国の社会起業家、そして現地の起業家を取材し、辺境に眠る力強い可能性を描き出した『辺境から世界を変える』。
本連載では、アジアの最果てを巡る取材の中で、ターニングポイントとなった出会いや出来事を、書籍未収録のエピソードを中心に書き綴る。ラオス、カンボジア、タイ、中国、フィリピン、インド……。2年にわたる取材で、筆者、加藤氏は何を見たのか。
数億の売上の企業が、数百億の経済効果をコンスタントに出し続ける。
事業規模1000万強の小さなNGOが5年間で14万人の生活を変えた。
そんなビジネスとしてだけではなく、社会へのインパクトの両方がずば抜けた事例から、世界に広がるイノベーションの原点を見る

「辺境から世界を変える【取材紀行編】」

⇒バックナンバー一覧