ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

東証が8月、リアルタイム株価情報の
不特定多数向け提供に踏み切る

週刊ダイヤモンド編集部
2012年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 東京証券取引所が今年8月にも、上場企業約2300社の株価情報が一般向けにリアルタイムで流れる新サービスを導入することが、週刊ダイヤモンドの調べでわかった。

東証はこの8月にも不特定多数向けにリアルタイム株価の提供に踏み切る
Photo by Toshiaki Usami

 東証は、4月11日にも公表する見込みだ。

 現在、東証は、リアルタイムの株価について、日経QUICKやロイター、ブルームバーグなどの会員制端末か、証券会社などのIDやパスワードで管理された環境下にしか提供していない。

 会員以外の不特定多数に対しては、例えばインターネット検索サイト大手のヤフージャパンの金融情報サイト、ヤフーファイナンスなどを通じて、20分前の株価情報が流れている。

 この差が、早ければ夏以降、解消されることになるのだ。

 東証の狙いは何か。それは、リアルタイムの株価情報を広く開放することで、新たな投資家層を株式市場に呼び込み、株式の売買代金を増やすことだ。

 もちろん、リアルタイムの株価情報を開放したからといって、すぐに株式の売買代金が増え、東証の利益に結びつくわけではないだろう。

 しかも、今回の新システムの月額利用料は500万円という格安での提供となる。

 株価の情報提供料は、東証にとって大事な収益源。最大の顧客である日経QUICKだけでも、「月額利用料は数千万円規模に上る」(東証幹部)というほどなのだ。

 日経QUICKにしても、これまで高額の情報料を東証に支払い続け、自社の会員にリアルタイムの株価情報を提供してきたことから、今回の東証の決定には難色を示した模様だ。その交渉が長引き、「2月には公表したかったが、4月にずれ込んだ」(同)という。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧