ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

【企業特集】マツダ
「輸出依存」引きずり新興国シフト
“自主独立路線”に灯る黄信号

2012年4月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

リーマンショックの発生以降、4期連続で最終赤字に転落しているマツダ。米フォード・モーターの支配下から脱した今もなお、輸出依存体質を引きずったままだ。為替レートに翻弄され続ける体質からの転換は可能なのか。販売好調のSUV「CX‐5」の世界展開、巨額資金調達を好機にして、さらなる抜本改革に着手する時が来ている。 (「週刊ダイヤモンド」編集部 浅島亮子)

新型SUVの滑り出しは絶好調
問われる「モノ造り革新」の成果

新型「CX-5」の販売は絶好調。発売から1カ月で8000台以上の受注が舞い込み、国内の年間販売目標1.2万台に迫る。世界中に輸出してももうかる車造りの第1弾で為替リスクの回避はなるか独自動車雑誌「オートビルド」の性能評価では、「ティグアン」と並ぶ最高評価を獲得

 「生産が追いつかず、お客さまにはご迷惑をおかけしております」

 首都圏にあるマツダ販売店の営業マンは、深々と頭を下げる。2月に国内発売された新型SUV(スポーツ多目的車)の「CX‐5」の販売絶好調で、納車が追いつかない状況なのだ。CX‐5には、ガソリンエンジン搭載、ディーゼルエンジン搭載の2タイプがあり、とりわけ人気が集中したディーゼル搭載車の工場出荷は6月末以降まで待たねばならない。

 マツダの重点地域、欧州における評判もすこぶるよい。ドイツの自動車雑誌「オートビルド」の性能評価では、同カテゴリーの「ティグアン(独フォルクスワーゲン)」と並ぶ最高評価を獲得した。「雑誌の効果はてきめんで、ドイツでは予定台数の倍の先行受注が舞い込んだ」と、CX‐5を開発した田中英明主査は自信を深める。

 広島本社のお膝元にある宇品工場の生産現場には、久方ぶりに活気が戻っている。4月は、工場従業員の休日出勤を3日に増やし、フル生産体制を敷く。

 山内孝・マツダ会長兼社長は、CX‐5を新生マツダの象徴と位置づける。その根拠は二つある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧