ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

ソニー過去最悪の赤字で
ささやかれる電池事業の売却

週刊ダイヤモンド編集部
2012年4月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
4月よりトップに就任した平井一夫社長兼CEOの下で“選択と集中”を進めるも、成長ドライバーは見えない
Photo:AP/AFLO

 ソニーが2012年3月期の決算で、過去最悪の5200億円(売上高6兆4000億円)の最終赤字となる見通しを発表した。

 「大変重く受け止めている。聖域なき改革でさまざまな施策を打つ」

 10日にソニー本社で開かれた緊急の記者会見。壇上の加藤優・最高財務責任者(CFO)の声が、会場にむなしく響き渡った。

 ソニーが同期の業績を下方修正するのは、なんと4回目だ。当初は売上高7兆5000億円、営業利益2000億円をうたったが、主力の液晶テレビで赤字拡大に歯止めがかからず、タイの洪水や円高も重なり、売上高と営業利益が大幅に縮小した。

 さらに今回、米国での業績回復が見込めないため、「繰延税金資産」の取り崩しなどにより、最終損失がさらに約3000億円膨らんだのだ。

 必然的に、社内では抱え切れない事業を譲渡・売却するなど、リストラが加速している。

 昨年11月には中小型液晶ディスプレイを作る「ソニーモバイルディスプレイ」を切り出し、新会社のジャパンディスプレイ傘下で東芝や日立製作所と統合。化学系子会社「ソニーケミカル」も、日本政策投資銀行に譲渡すると発表した。

 両社に所属する計約5000人の従業員を含め、国内外の社員ら計1万人にリストラの大ナタを振るっている。

 そして、次なる「切り出し」の候補としてささやかれているのが、電池事業だ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧