ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

北京五輪直前に徹底調査
ブルーレイレコーダーの買い時は!?

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第38回】 2008年8月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 家電業界が大きな期待を寄せているのが、スポーツイベントだ。実際、ワールドカップやオリンピックでは、テレビやレコーダーがよく売れる。逆に、パソコンなどスポーツとあまり関係のない製品が売れなくなるケースも、過去には見受けられた。

 今年も、まもなく北京五輪がスタートする。これに合わせて液晶テレビを買おうと思っている方も多いだろう。さらに、そういった多くの人々が気になっているのが、「Blu-ray(ブルーレイ)対応のレコーダー」だろう。JEITAの発表によると、ブルーレイ対応のレコーダやプレーヤーは、対前年比約35倍と爆発的に売れ始めている。購入を考えるには、まさに好機到来なのだ。

 そこで今回は、ブルーレイ対応レコーダーの実売価格をチェックしてみた。人気モデルおよそ20機種の価格を、7月19日と26日に新宿で徹底調査したのである。

 ご存じかもしれないが、家電量販店は、週末にベストプライスを提示するケースが多い。買い物客が増える土日が勝負というわけだ。そこで、価格チェックは土曜日を狙った。ただし、価格はあくまでも掲示されていたプライスだ。掲示している価格よりさらに値引きする店舗も多く、本当の実売価格を一気に調査するのは難しいので、参考までにご覧いただきたい。

必ず価格が下がるわけではない
量販店ごとに吟味が必要

●調査表(別ウィンドウ)

 さて、この表で確認していただきたいのは、まず価格動向だ。店舗によっては前週よりも値上がりしているケースが見受けられる。短期的に見ると、翌週が必ず安いわけではないのだ。この価格推移をチェックした上で、五輪前に買うのが得なのか、それとも五輪後に買うのが得なのかをよく検討していただきたい。

 もちろん、目的が五輪を録画することなら、選択の余地はない。だが、「そろそろ欲しい」という程度の気持ちなら、時期の見極めは重要だ。五輪による価格への影響は、終わってみなければわからない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧