ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

米ベンチャー企業が販売する
「空飛ぶクルマ」の実態と誤解

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第109回】 2012年4月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

一般道路を走って飛行場に到着したら空へ
通称「空飛ぶクルマ」の実態とは?

Flying car、空飛ぶクルマこと、「The Transition」。  Photo by Kenji Momota

 自宅の駐車場から一般道路を走行、飛行場に到着したら羽根を広げて空を飛ぶ。日本でも「Flying Car(空飛ぶクルマ)」として最近、度々テレビに登場している乗り物。正式名称を、Terrafugia社の「The Transition」(ザ・トランジション)という。

 同社は2006年、MIT(マサチューセッツ工科大学)の大学院卒業生らのグループが中心となり創業。「空飛ぶクルマはビジネスになる」という単純な発想を商品として具現化した。

 昨年、同製品のテスト飛行映像がYou tubeで話題となって以来、日本の各メディアが同社へ取材の申請をしてきた。しかし、企業機密保持を理由に取材の許可がおりなかった。

 そして2012年4月4日、ニューヨークモーターショーのプレスデーに、「The Transition」が初めて公の場で展示され、同社関係者がメディアの取材に応じた。

 同社が公表している、「The Transition」の製品概要は次の通りだ。

 飛行機としての大きさは、全長x全幅x全高=6m×8m×2m。クルマとして地上走行する場合、主翼を折り畳んだ状態での全幅は2.3m。

 エンジンはカナダ・ボンバルディア社傘下の独BRPパワートレイン社のロータックス912US型。排気量1352ccのハイオクタンガソリン仕様だ。燃料タンク容量は87リッターあり、満タン状態で787㎞連続飛行できる。飛行中の最高速度は185km/h。巡航飛行する場合の最高速度は若干落ちて172km/になる。またストールと呼ばれる、主翼の揚力が十分でなくなり失速してしまうギリギリの飛行速度が83km/hとした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧