ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
藤沢数希の金融対談日記
【第8回】 2012年5月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤沢数希,藤野英人

VSファンドマネージャー藤野英人氏(4)
99%のアクティブ・ファンドは
ダメなインデックス・ファンド

1
nextpage

「藤沢数希の金融対談日記」の2人目のゲストは、独立系投資運用会社のレオス・キャピタルワークスで最高投資責任者(CIO)を務める藤野英人氏。直販ファンドの「ひふみ投信」は、アクティブファンドとしてTOPIXを50%以上うわ回る運用成績をあげている。著書ではインデックス・ファンドを推奨する藤沢氏が、その秘密に切り込んだ。

インデックス派からの挑戦!?

藤沢  ご存知かもしれませんが、僕は『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』という本を書いていて、投資するなら運用コストが安いインデックス・ファンドにしましょう、というスタンスなんですね。それで、事後的にはもちろん藤野さんのようにすばらしいパフォーマンスを上げるファンドマネジャーもいらっしゃるし、こうやって実際にお話ししていると、やっぱりこれからもいいパフォーマンスを出し続けると思えてくる(笑)。

 でも一般的にいったら、やっぱりアクティブ・ファンドの多くは運用報酬に見合った仕事をしているかは非常に疑問なわけです。だったら安いインデックス投信でいいんじゃないか、と。それに藤野さんの過去のパフォーマンスは、必ずしも藤野さんの未来のパフォーマンスを保証するものではない(笑)。

藤野英人(ふじの・ひでと)レオス・キャピタルワークス取締役・最高投資責任者(CIO)。1966年富山県生まれ。90年早稲田大学卒業後、国内外の運用会社で活躍。特に中小型株および成長株の運用経験が長く、22年で延べ5000社、5500人以上の社長に取材し、抜群の成績をあげる。2003年に独立し現会社を創業、現在は、販売会社を通さずに投資信託(ファンド)を直接販売するスタイルである、直販ファンドの「ひふみ投信」を運用。ファンドマネジャーとして高パフォーマンスをあげ続けている。ひふみ投信 http://www.rheos.jp/
ツイッターアカウント@fu4

藤野  それはもちろんその通りですけど、投資ってやっぱり信じることなんですよ。私は、しっかりとした企業分析を続ければ、短期的には多少の負けはあるかもしれませんが、長期的にはマーケットに勝ち続けることは簡単ではないけれども不可能ではないと信じています。なぜなら、緻密な企業分析によりマーケットがまだ気づいていない成長する会社を見つけることは実際に可能だからです。

藤沢  僕が藤野さんの『日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。』で、非常に良かったのは、世の中の99%のアクティブ・ファンドはダメだということをしっかりと書いていることです。確かにダメなんですよ。世の中のアクティブ・ファンドって、ほとんどは出来の悪いインデックス・ファンドなんですよね。

藤野  そうなんですよ。彼らアクティブのファンド・マネジャーは、ベンチマークとして、それぞれの市場のインデックスを与えられていて競争させられている。だから、どれもインデックスからちょっと乖離しただけのポートフォリオになっています。だったら、最初からインデックスを買ったほうがいい、という話ですよね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


藤沢数希 (ふじさわ かずき)

欧米の研究機関にて、理論物理学の分野で博士号を取得。科学者として多数の学術論文を発表した。その後、外資系投資銀行に転身し、マーケットの定量分析、トレーディングなどに従事。 おもな著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』(ダイヤモンド社)、『反原発の不都合な真実』(新潮社)がある。
主催するブログ「金融日記」は月間100万ページビュー 。 http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/
ツイッターのフォロワーは7万人を超える。 @kazu_fujisawa

まぐまぐ、夜間飛行、BLOGOS(ブロゴス)から配信される有料メールマガジン『週刊金融日記』は日本有数の購読者数。

藤野英人(ふじの・ひでと)

レオス・キャピタルワークスCIO(最高運用責任者)
1966年、富山県生まれ。90年早稲田大学法学部を卒業。国内、外資系運用会社を経て2003年8月レオス・キャピタルワークスを創業、CIO(最高運用責任者)に就任(現任)。中小型・成長株の運用経験が長く、ファンドマネジャーとして豊富なキャリアを持つ。現在、運用している「ひふみ投信」は4年連続R&I優秀ファンド賞を受賞、さらに「ひふみ投信」「ひふみプラス」を合わせたひふみマザーファンドの運用総額は600億円を超えている(2015年6月現在)。ベンチャーキャピタリストであり、自身がファウンダーでもあるウォーターダイレクトを上場させ、現取締役。 また東証JPXアカデミーフェロー。明治大学商学部兼任講師。主な著書には『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)ほか多数。


藤沢数希の金融対談日記

人気ブログ「金融日記」を執筆する藤沢数希氏がホストとなり、ビジネス界の注目パーソンと対談を繰り広げる「藤沢数希の金融対談日記」。ブログ同様の歯に衣着せぬ口調で、あの事件、あの業界の真実を皆さんにお伝えします。

「藤沢数希の金融対談日記」

⇒バックナンバー一覧