ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
西沢和彦の「税と社会保障抜本改革」入門

消費税は地域主権の財源には適さない

西沢和彦 [日本総合研究所調査部上席主任研究員]
【第13回】 2012年4月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

政府・与党が進める社会保障・税一体改革は、消費税の使途に関する議論には熱心だが、消費税という税目そのものに関する議論は極めて手薄である。消費税はそれ自体、様々な課題を抱えており、税率引き上げが国民各層に受け入れられるためには、本来、そうした諸課題に関し議論が尽くされることが必要である。その1つが前回採り上げた医療に対する非課税の問題であり、問題先送りとなっていることは指摘した通りだ。今回は、消費税の地域主権のための財源としての適性という問題を採り上げる。

地方消費税の
理論的スキーム

 現在、消費税は税率5%のうち1%相当は地方消費税となっているが、さらに地方税としての拡充を求める声は少なくない。しかし、生産・流通・小売と多段階で課税される消費税はそもそも「地域主権」に適しておらず、そうした主張が地域主権に向けた改革の一環としてなされているならば、根本的な見直しが必要であろう。なお、地域主権とは、政府の定義を借りれば、地域に住む住民が地域のことを責任を持って決定することとされている。

 消費税は、地域のことを地域が決定するという地域主権に適していない。その最大の理由は、わが国の消費税が多段階課税の仕組みをとっているためである()。説明のため地方消費税の理論的なスキームを考えよう。税率1%、都道府県税としての地方消費税を想定する。なお、「理論的な」と断っているのは、後に述べるように、現実の地方消費税は理論的スキームに近づけることが、目指されているに過ぎないからである。

(注)消費に着目した消費税には多様なタイプがあり、課税段階の分類でいえば、後に述べる米国の小売売上税のように、単段階課税もある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西沢和彦 [日本総合研究所調査部上席主任研究員]

ニシザワ カズヒコ/1989年3月一橋大学社会学部卒業、同年年4月 三井銀行入行、98年より現職。2002年年3月法政大学修士(経済学)。主な著書に『税と社会保障の抜本改革』(日本経済新聞出版社、11年6月)『年金制度は誰のものか』(日本経済新聞出版社08年4月、第51回日経・経済図書文化賞) など。(現在の公職)社会保障審議会日本年金機構評価部会委員、社会保障審議会年金部会年金財政における経済前提と積立金運用のあり方に関する専門委員会委員。


西沢和彦の「税と社会保障抜本改革」入門

増加する社会保障費の財源確保に向けて、政府は消費税引き上げの議論を本格化させている。だが、社会保障をめぐる議論は複雑かつ専門的で、国民は改革の是非を判断できない状態に置かれている。社会保障の専門家として名高い日本総研の西沢和彦主任研究員が、年金をはじめとする社会保障制度の仕組みと問題点を、できるだけ平易に解説し、ひとりひとりがこの問題を考える材料を提供する。

「西沢和彦の「税と社会保障抜本改革」入門」

⇒バックナンバー一覧