ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

背景にあるのは「結婚した実感のなさ」!?
不倫した新婚男性の9割が結婚2年以内に浮気

小川 たまか
【第73回】 2012年5月1日
著者・コラム紹介バックナンバー

 浮気・不倫は倦怠期における心のゆるみから始まるもの――。そんな「定説」がくつがえされるかもしれない。探偵会社MR(本社:東京都豊島区)による不倫動向調査によると、浮気・不倫をした既婚男性のうち、9割以上が2年以内に浮気・不倫を経験したという結果が出たからだ(結婚前からの関係を含める)。

 調査は同社がリサーチ会社「メディアパーク」の協力を得て実施。調査方法は事前調査を経てのアンケート回収方式。調査対象は結婚3年以内の20~30代男性(20代=100人、30代=100人)。調査時期は今年3月。

「結婚前から」の関係を引きずるのは
30代男性に多い!?

 調査で、「あなた及び奥さんは浮気・不倫をしたことがあるか」を聞いたところ、「自分も相手もしていない」と答えたのは84.0%。「自分は浮気・不倫をしたが、相手はしていない」は12.5%、「自分はしていないが相手はした」は2.0%、「自分も相手もした」は1.5%という結果となった。

浮気・不倫はいつしましたか?

 また、「浮気・不倫はいつしましたか?」という問いに(回答数28人)、「結婚前から」と答えたのは28.6%(20代1人/30代7人)、「結婚後1年以内」は32.1%(20代5人/30代4人)、「結婚後2年以内」も32.1%(20代3人/30代6人)、「結婚後、3年以内」は7.1%(20代1人/30代1人)。調査対数人数は多くないものの、結婚生活が落ち着いてくる3年目よりも、1、2年の方が多いという結果に驚く人も少なくないだろう。「結婚前から」と答えた30代が20代に比べて大幅に多いのも特徴的。30代男性との結婚を考えている女性は、周辺整理に気を配った方が良いかもしれない。

「独身時代の気持ちを引きずる」男たち
気持ちの切り替えに必要なのは?

 アンケートでは最後に、「今後、自分が浮気・不倫をすると思いますか?」と聞いている。「自分に限って浮気・不倫は絶対しないと思う」と答えた人は67.4%、「浮気・不倫をしてしまうかもしれない」人は32.6%だった。浮気・不倫を経験したことのある人の約2倍にあたる新婚男性が、不倫の可能性を示唆した形だ。正直に答えていると考えても、少ない人数とは言えないだろう。

 ところで、「新婚であっても浮気をしてしまう心理」について、結婚3年以内の複数の男性に話を聞いてみた。その中で印象的だったのが、「新婚の状態だと男は独身時代の気持ちを引きずりがち」というもの。「女性は結婚式という儀式で気持ちを切り替えられるのかもしれないが、結婚式は女性が主役という印象が強く、男と女では温度差がある」というのだ。結婚前から長期間同棲をしているカップルも、これと似た状況が起こるのかもしれない。

 この話を聞くまで、浮気をする男性は新婚だろうとなんだろうと浮気をするもので、その数が一定数いると解釈していたが、「結婚したことの責任」をお互いが確認し合うことは改めて大切だと感じた。ウェディングドレスを選ぶのに夢中で、隣にいる婚約者が「いまいち結婚する実感がない」などと思っていることに気付かないとしたら、それはなかなか危険なことかもしれない。

(プレスラボ 小川たまか)


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧