ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

“身内”の離反で急展開
ダノンのヤクルト株買い増し

週刊ダイヤモンド編集部
2012年5月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
筆頭株主のダノンに株の買い増しを迫られているヤクルト本社。販売会社の離反というお家騒動の行方次第で、事態は風雲急を告げそうだ
Photo:JIJI

 ヤクルトの筆頭株主で、世界的な食品大手のダノンがヤクルト本社に株の買い増しを迫っている。

 ダノンは2000年、私募債「プリンストン債」による巨額損失事件で経営不振に陥ったヤクルト本社に5%出資。03年には出資比率を20%まで引き上げたが、07年に向こう5年間、出資比率を引き上げない契約を結んでいた。

 契約が切れる5月15日以降、ダノンはヤクルト株を買い増すことができるようになる。

 ダノンは現在、ヤクルト本社に対し、出資比率を28%まで引き上げることや、常勤役員の派遣などをめぐって交渉しているとされる。

 ダノンの最大の狙いはずばり、ヤクルトが持つ乳酸菌技術と、特にアジアで強い海外販売網だ。

 食品業界では世界的にプロバイオティクス(健康に効果がある微生物を利用した食品)に対しての注目が集まっているが、乳酸菌開発に特化した企業は世界でも少ない。また、ダノンは中国事業では現地企業との合弁を解消するなど苦戦を強いられている経緯もある。そこで31ヵ国で事業展開し、特に中国をはじめアジアで成功しているヤクルトに注目したのだ。

 ダノンはこれまでにも、再三にわたってヤクルトとの連携強化を求めてきたが、特に経営の独立性を維持したい堀澄也会長が協業に難色を示していることもあり、成果はあまり出ていない。

 20%の筆頭株主になってすでに8年たつこともあり、協業を前進させるために何らかの手を打つ必要があった。

 そこで、交渉難航を見越したダノンはある秘策を打つ。ヤクルト本社と距離を置くヤクルトの有力販売会社と手を組んだのだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧