Digital Experience! TOP>DIAMOND online>マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー
【第13回】 2012年5月21日
著者・コラム紹介
藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

政局よりもAKB48の「総選挙」が話題になる
決して当たり前でない理由

顧客の声をリアルタイムで付加価値に変えるずば抜けた仕組み

「選挙」といえば
日本ではもはや……。

 今月6日に行われたフランス大統領選挙の決選投票は、野党・社会党のオランド候補が現職・サルコジ大統領を破って勝利し、17年ぶりの政権交代となりました。また、同日に行われたギリシャ議会総選挙では、連立与党の新民主主義党(ND)と全ギリシャ社会主義運動(PASOK)は計149議席で過半数に2議席届かず、敗北しました。

  この2つの選挙の結果を受けてヨーロッパ各国では政治、経済にさまざまな動きが出ています。

  一方、今日本でも、ある選挙が人びとの大きな関心を集めています。

  しかし、これはフランス、ギリシャのような政治の話ではありません。もしかしたら、実際の政局以上に多くの国民が注目しているかもしれない、6月6日の「第4回AKB48選抜総選挙」の話です。

  今回投票の対象となるのは、AKB48はもちろん、SKE48、NMB48、HKT48の研究生も含めた全メンバー237人で、過去最多の立候補者数となるそうです。

  そして何といっても気になるのが、第1回と第3回を制している前田敦子が出馬を辞退したことの影響です。

  YouTubeの「AKB公式チャンネル」で今月から配信されている政見放送ならぬ「アピールコメントChannel!」では、過去3度の「総選挙」でセンターをめぐって前田との一騎打ちを繰り広げた大本命の大島優子が、「私のラストチャンス」という総選挙後の卒業を思わせる発言をしたところ、多くのメディアが「前田に続いて大島も卒業か?」と報道しました。ネット上には動揺する多くのファンたちのさまざまなコメントが溢れ、一時騒然としましたが、直後に大島自身がブログで卒業を否定し、騒ぎはいったん収まりました。

  しかし、この話題が政治経済の時事ニュースをかき消してしまうくらいメディアの注目を集めたことで、AKB48の影響力の大きさを改めて世に示す結果となりました。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧