ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
明るい未来のつくりかた
【第7回】 2012年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
市川文子 [株式会社博報堂イノベーションラボ 研究員]

漁業にみる既存システムの限界
打開するのはボトムアップ型イノベーション

1
nextpage

魚を獲ってから消費者に届くまで、多くの人を介在する現在の市場間取引システム。これを打破できれば、生産者はより多くの利益を得られ、消費者も新鮮な魚をリーズナブルに手に入れることができるはずだ。正面からシステムの見直しといってもなかなか進まないが、突破口は意外にも、日本人の嗜好だった。“生食”信仰一辺倒から、もう少し加工品の美味しさを見直す――消費者と生産者の固定概念を改めることが、地域の問題の具体的で多様な解決策につながりそうだ。

日本の漁師が苦悩する現システムの限界

 市場間取引――それは、日本の水産業の特徴を表すキーワードだ。

 全国津々浦々の漁港に隣接する魚市場で仲買人によって競り落とされた魚は、大消費地の魚市場に運ばれ、小売り向けの競りに掛けられる。漁師が穫ってから消費者の口に入るまで、実に多くの人の手を介するこの物流システムは、その非効率性をかねてから批判されてきた。

 打開策として、こうしたシステムを通さずに生産者(漁師)と消費者とを直接結べば、生産者はより大きな利益を上げ、消費者は新鮮な魚をリーズナブルに手に入れることができる、と言われている。

 確かに、農林水産省水産庁によれば、水産物の小売価格に占める生産者(漁師)の受取価格は24.7%。同じ生鮮物でも青果物の41.9%を大きく下回る。しかし鮮魚の場合、輸送や販売にも厳密な温度管理が必要とされ、また小売りの現場では切り身にするなど加工の手間もある。水産物の出荷と小売りの経費が、青果物よりかさむのも無理はない。

水産庁資料http://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/h20_h/trend/1/t1_11_2_3.html を基に市川作成。
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    市川文子[株式会社博報堂イノベーションラボ 研究員]

    株式会社博報堂イノベーションラボ研究員。慶應義塾大学政策・メディア研究科修了。卒業とともにノキア・フィンランドに入社。以来9年間、ユーザエクスペリエンスのエキスパートとして世界各国で フィールドワークの実施とディレクションを行い、製品・サービスの企画開発に携わる。2008年にノキアを退社。以降、フリーのコンサルタントとして国内外の企業の商品ならびに戦略開発を行ってきた。2010年より博報堂イノベーションラボに参加。一児の母。


    明るい未来のつくりかた

    アイスランドは、金融危機による財政破綻で社会・生活の「断絶」を経験した。人々はどのように立ち上がってきたのか。その「断絶」と「再生」のプロセスを エスノグラフィーの手法を用いて学び、東日本大震災による社会の「断絶」から真の復興に向かうための考え方や仕組みづくりの示唆を得ていく。

    「明るい未来のつくりかた」

    ⇒バックナンバー一覧