ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
加藤嘉一の「だったら、お前がやれ!」 思考停止のニッポンをぶった切る

“迷言”で沖縄を怒らせた鳩山氏を、誰が選んだのか

加藤嘉一
【第8回】 2012年5月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

鳩山氏の沖縄訪問

 沖縄が本土復帰40周年を迎えた。

 政治や戦争、米中をはじめとした大国間の利害関係に翻弄されてきた沖縄の過去、現在、そして未来を真剣に考え、自らができることに一生懸命になることは、一日本国民として当然のことであると考えている。

 5月15日、民主党の鳩山由紀夫元首相が、首相退任後初めて沖縄県を訪れ、宜野湾市のホテルで講演した。鳩山氏は米軍普天間飛行場(同市)の移設先について、「最低でも県外」と約束したが、反故にして沖縄県民を激怒させ、日米関係の悪化と迷走を招いた当事者である。その鳩山氏が再び沖縄を訪れ、各関係者と徹底議論すること自体、私は極めて有益なことで、同氏の責任の範疇に属すると思う。

 鳩山氏は民主党政権の「外交顧問」という肩書も持っており、これからも日米関係や日中関係など死活的に重要な外交案件について、「行動派」として関係者間の相互理解・信任のために奔走してほしいと願っている。

再び「最低でも県外」

 一方で、日本での各報道を見ると、「外交顧問」の言動には、あらためて批判が集まっているようだ。

 宜野湾市ホテルでの講演で、鳩山氏は移設問題に関し「『最低でも県外』という気持ちを果たさなければ沖縄の皆さんの気持ちを十分理解したと言えない」と語った。

 上記でも触れたように、鳩山氏は政権交代前の沖縄訪問で、「最低でも県外」と約束した。その言葉通り、首相就任後は県外移設を目指した。ところが、10年5月に県外移設を断念。同県名護市辺野古沖を移設先とする日米合意を決めたことは、鳩山氏の「県外移設」という言葉は実現可能性を持たないまま放たれたものであったことを物語っている。

 そうした経緯があるにもかかわらず、再び鳩山氏は首相当時の日米合意を否定して、「最低でも県外」という持論に逆戻りした。

 鳩山氏は、日米合意について、首相として決定した当時は「(県外移設を掲げたのは)勉強不足だった」と「反省」していた。しかし、この日の講演では「辺野古に戻ってしまうような案を、私自身が作ろうとは思っていなかった」と述べ、当時の決定を否定してみせた(鳩山元首相:また「最低でも県外」 沖縄で講演、普天間移設に触れ2012/05/16 毎日新聞 朝刊 5ページ)。

 野中広務元官房長官は15日、記念式典会場で鳩山氏を見かけて、直接苦言を呈している。「男は恥を知るものだ。のうのうと沖縄に来て、県民に泥をかけるのか」と。(鳩山氏また「県外に」…野中氏が直接「恥知れ」- 読売新聞2012年5月16日08時03分)

 発言の一貫性にも、行動の柔軟性にも欠ける鳩山氏の言動に懐疑的・批判的にならざるを得ないのは論を待たないが、これは同氏自身だけの問題では決してない。同氏を国会議員に選び、政策決定の権限を委託しているのは私たち有権者なのだ。盲目的な批判や無責任な罵倒をするのではなく、政治家の迷走は国民一人一人が招いたことであると自覚すべきだと、今改めて思っている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
われ日本海の橋とならん

人の波がぶつかりあい、時代のエネルギーが炸裂する。アジアでいちばん激しく、生命力があふれた国、中国。その中国で「もっとも有名な日本人」となった著者が、内側から見た人にしかわからないリアルタイムの中国を語ります。そこから見えてくるのは、中国、日本、世界の現在。日本は、そして日本人は、これからいったいどこへ向かえばいいのか。私たちの課題も見えてきます。

話題の記事

加藤嘉一 

1984年生まれ。静岡県函南町出身。山梨学院大学附属高等学校卒業後、2003年、北京大学へ留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。北京大学研究員、復旦大学新聞学院講座学者、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)を経て、2012年8月に渡米。ハーバード大学フェロー(2012~2014年)、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院客員研究員(2014〜2015年)を務めたのち、現在は北京を拠点に研究・発信を続ける。米『ニューヨーク・タイムズ』中国語版コラムニスト。日本語での単著に、『中国民主化研究』『われ日本海の橋とならん』(以上、ダイヤモンド社)、『たった独りの外交録』(晶文社)、『脱・中国論』(日経BP社)などがある。

 


加藤嘉一の「だったら、お前がやれ!」 思考停止のニッポンをぶった切る

 「だったら、お前がやれ!」
この言葉が意味すること、それは「対案の無い無責任な批判はするな」ということだ。もともと、この言葉は加藤嘉一氏の亡くなった父の口癖だったが、加藤氏は自らの行動規範として常に心に留めている。相手に対して意見するとき、必ず自らに問いかける。
そんな加藤氏が今、憂いているのは、日本社会にあまりにも無責任な批判、意見、論評が多いということだ。本連載では、日本社会に蔓延る無責任な論評を、加藤氏の視点で切り込み、加藤氏なりの対案や考え方を示す。

「加藤嘉一の「だったら、お前がやれ!」 思考停止のニッポンをぶった切る」

⇒バックナンバー一覧