ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

信用危機としての原発問題

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第227回】 2012年5月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 原発の問題については、目下、発言すること自体が非常に難しい。お金の問題について書いている本連載で、あえて原発問題を取り上げる必要はないのだが、目下の原発問題にはマネー経済的観点から見て大変面白い側面がある。

 5月5日に、ついに日本の原発がすべて停止した。この状態で電力がどの程度足りるのか、筆者は判断できない。足りないのではないかと思う一方、実は足りるのだと言われると、これを否定できる情報を持っているわけではない。

 一方、政治的な利害を考えると、現在、原発運転再開に許可を出せる自治体首長はいない。

 マネー論的な観点で不謹慎かもしれない「面白い」という表現を使う理由は、この問題の本質が、銀行の取り付けのような「信用」の問題になっていることだ。

 原発稼働に対して容認的な論者は、原発の安全性と放射能の害が致命的に深刻というほどでないことを、科学的な根拠で説得しようとするが、大多数を説得するに至っていない。原発稼働に否定的な人々の実質的な反対根拠は、科学的な危険性の議論である以前に、原発に関係する「人々」に対する「不信」であるように見える。

 彼らは、原発・放射能に起因する健康などの被害と、他の有害物質や、節電がもたらすかもしれない人的被害(暑い時期の節電は高齢者に厳しい)を比べて、コストとベネフィットで原発の可否を判断する議論自体に乗ろうとしない。

 原発事故の後の情報開示の問題が大きな理由だろうが、原発を監督・管理する人間も、関係者が発表する情報も信じられていない。

 原発の再稼働を進める場合、直接的には、多くの人々の「精神的なコスト」が問題だ。現在、このコストが莫大なのが現実だ。

 これは、銀行に取り付け騒ぎが起こって、さらに中央銀行や政府の信頼性も「信じると損をさせられるのではないか」と疑われているような状況に似ている。近年で例を探すと、日本のバブル崩壊後の金融不信や、エンロン事件の後の会計不信の構造に近い。いわば、最大手メガバンクである東京電力が取り付けに至り、他行である他電力にも波及した状況だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧