ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森達也 リアル共同幻想論

「将軍さま」と「事実上のミサイル」
その意外な共通点

森 達也 [テレビディレクター、映画監督、作家]
【第54回】 2012年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

『将軍さま』は嘘ではないが正しくもない

 北朝鮮による拉致問題が国民的な関心事となった2004年頃、朝鮮(韓国)語の翻訳を仕事にしていた韓国生まれの友人から、「最近は仕事がやりづらくなった」との話を聞いたことがある。

 「つい数日前も、北朝鮮で隠し撮りしてきた一般国民のインタビューを翻訳したとき、局のプロデューサーから『将軍さま』を『我が党と我が人民の偉大なる指導者さま』に修正しろと指示されたよ」

 つまり強調だ。いや、正しくは誇張というべきかもしれない。うなずく僕に、彼はさらに言った。

 「そもそも北朝鮮の一般国民は、金正日を何と呼んでいるか知っているか?」

 「今、自分で説明したばかりじゃないか」

 そう言いながら僕は、「将軍さま」と答えた。あるいは指導者さま。日本国民なら誰だってそう答えるはずだ。「やっぱりそう思うよなあ」とつぶやいてから、彼はしばらく沈黙した。

 「……実際には将軍さまと呼んでいないのか」

 僕は訊いた。彼は首を横に振る。

 「いや、実際に彼らは金正日を、『チャングン・ニム』と呼んでいる。訳せば『将軍さま』だ」

 そう言いながら彼は、やっぱり浮かない表情だ。何が問題なのだろう。小さく吐息をついてから、彼は静かにつぶやいた。

 「でもそもそも北朝鮮や韓国では、目上の人の呼称や肩書に『ニム』を付けることは、当たり前の習慣なんだよね」

 「当たり前?」

 「つまり将軍さまだけじゃないんだよ」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森 達也 [テレビディレクター、映画監督、作家]

1956年生まれ。テレビディレクター、映画監督、作家。ドキュメンタリー映画『A』『A2』で大きな評価を受ける。著書に『東京番外地』など多数。


森達也 リアル共同幻想論

テレビディレクター、映画監督、作家として活躍中の森達也氏による社会派コラム。社会問題から時事テーマまで、独自の視点で鋭く斬る!

「森達也 リアル共同幻想論」

⇒バックナンバー一覧