ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【ライフネット生命保険】
右肩上がりの保有契約件数も
大手生保からの契約奪取が課題

週刊ダイヤモンド編集部
【第71回】 2012年6月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

今年3月、インターネット生保初の上場を果たしたライフネット生命保険。年間保険料収入40兆円超という生保市場ではニッチな存在だが、成長を持続させ「微々たる存在」から脱皮なるか。

 5月18日で開業から4周年を迎えたライフネット生命保険。保有契約件数は右肩上がりを続け、2012年3月末の時点で11万8040件に達した(図1)。

 08年4月というほぼ同時期に開業したもう一つのインターネット生命保険会社、ネクスティア生命保険の保有契約件数4万4372件(11年12月末)に大きく水をあけ、開業当初に掲げていた5年内の目標保有契約件数15万件の達成もほぼ射程内に収めた格好だ。

 実は開業時、この目標に対し、業界からは冷ややかな視線を送られていた。

 「ネットで生命保険が売れるはずがない」──。

 従来、生命保険は、営業職員によるニード喚起(潜在的な需要を売り手側が掘り起こすこと)をしなければ売れないというのが、業界の常識だったからだ。

 ライフネット生命が保有契約件数を伸ばす最大の理由。それは「ネット生保の強みは、価格の安さにしかない」という国内大手生保幹部の言葉に集約されている。

 例えば、30歳男性の定期死亡保険(死亡保険金額3000万円、保険期間10年、単品、標準体)という条件で、月額保険料を比較すると、ライフネット生命は3484円。一方、国内大手生保は軒並み7000円前後と倍ほどの開きがある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧