ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

スカイツリーの観光客を狙う
ビジネスホテルの増収作戦

週刊ダイヤモンド編集部
2012年6月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 5月22日に開業した東京スカイツリー。入場者数(東京ソラマチなどの周辺施設を含む)が3日間で100万人を突破(計画では5日)するなど、滑り出しは予想以上に快調で、ホテル業界にとっても大きな追い風となっている。

 宿泊予約サイトの楽天トラベルによれば、4月1日から5月29日までの東京都内の宿泊額は前年同期比54%増、震災前の2010年と比較しても24%増という。沖縄からの宿泊客の伸び率が47.8%、北海道からが37.1%など、東京スカイツリーをきっかけに、地方からの観光客が増加しているのがみてとれる。

 東京スカイツリーと同様にホテル業界が期待しているのが、LCC(ローコストキャリア)の路線拡大だ。エアアジアが発表した成田―新千歳線の片道最低運賃は4580円。地方在住者にとっての東京が身近になりそうだ。

 このチャンスに、本来、ビジネス客を主要顧客とするビジネスホテル業界が、観光客の獲得に動きだした。

 例えば国際展示場に近く、ビジネス客が多い「東京ベイ有明ワシントンホテル」では、東京ゲートブリッジが見えるダブルルームをカップルプラン(1室6800円など)として打ち出した。「日曜日の宿泊客が大きく伸びている」(ワシントンホテルを運営する藤田観光の幹部)と、手ごたえを感じている。

 中には、観光客を意識した新業態に乗り出すところもある。「ドーミーイン」を展開する共立メンテナンスは、4月に東京都・渋谷区に「ドーミーイン・プレミアム」を開業。通常のビジネスホテルはシングルルームが中心だが、ここでは、全体の4割がツインルームという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧