ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SEO~検索集客の最新テクニック

激変ヤフー検索の決め手は、古いサイトからの被リンク

鈴木将司 [株式会社セミナーチャンネル代表取締役]
【第5回】 2007年12月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回の連載では、Yahoo!対策の1つめのポイントとなる「キーワード近接度」について述べましたが、同様の解説をセミナー参加者やクライアントにしたところ、その対策で再び上位表示されるようになったという報告をいくつも頂戴しました。

 そこで今回は、Yahoo!激変の続編として、SEO対策の3つの要素(企画要素、内部要素、外部要素)のうち、外部要素についてのアルゴリズム変更について解説します。

11月Yahoo!激変のもう1つの特徴

 外部要素とは、ページの中身以外の要素を指します。検索エンジン会社がページの検索順位を計算する際には、中身だけを評価するのではなく、そのサイトが他のサイトやブログからどの程度リンクされているかという「被リンク数」を評価基準に取り入れています。

 そのため、どんなに優れたサイトでも「被リンク数」が相対的に少なければ、検索結果の上位には表示されないのです。

 例えば、2つの設計事務所のサイトがあるとします。A事務所のサイトは他社が運営する3つのサイトからリンクされています。一方、B事務所のサイトは100のサイトからリンクされています。

 両サイトの情報量と質が同じ程度だとすると、これまで検索エンジン会社は、より多くのサイトからリンクされているB事務所を上位に表示してきました。

 なぜなら、100社からリンクされているB事務所のほうがネット社会で高く評価されているという判断に基づき、B事務所を上位に表示したほうがユーザー・メリットが高まると考えてきたからです。

 このような理由から、被リンク数を増やすことがYahoo!JAPANなどの検索エンジン対策としてすっかり定着してきました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

鈴木将司 [株式会社セミナーチャンネル代表取締役]

株式会社セミナーチャンネル代表取締役、メディアネットジャパン代表。米豪にて教員を務める傍ら、1996年にホームページ制作会社を設立。帰国後、パソコンソフト大手ソースネクストのウェブマスターを経て、サーチエンジン対策や集客アップのセミナーを全国で展開。セミナー受講者は累計5000人以上。著書に『検索キーワード「超」起業術』ほか多数。


SEO~検索集客の最新テクニック

SEO(サーチエンジン最適化)のカリスマがこっそり教える、競争が激しくても上位表示させる最新テクニック。ホームページの集客はこれでバッチリ!

「SEO~検索集客の最新テクニック」

⇒バックナンバー一覧