ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に
【第2回】 2012年6月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
開沼 博 [社会学者]

第2回
「売春島」の花火の先にある未来

1
nextpage

私たちの目の前から“漂白”されつつある「あってはならぬもの」「おかしなこと」にこそ、現代社会が抱える矛盾、そして社会の原動力の中心が存在する。社会学者開沼博は「社会に『補助線』を引く試み」を始める。
最初に目を向けたのが「売春島」だった。彼はそこで数々の噂を耳にした。「島のことを深く調べようとして10年以上行方不明になっているジャーナリストがいる」「宿に荷物を置いていたら中身を調べられた形跡があった」……。しかし、現実のそれを実際に歩きながら、下世話な想像によって生まれた虚像を乗り越えた先に見えてきたものは、急激な近代化に翻弄された地方都市の悲しい素顔だった。
第1回『取り残された「売春島」に浮かぶもの』に続き、島が歩もうとしている未来に迫る。連載は全15回。隔週火曜日に更新。

 船乗りは「把針兼」に安息を求めた

 その島は古代からの「風待ち港」だった。

 大量の物資を長距離にわたって運搬する役割が帆船に任されていた時代、風がなく船を進められない日が続くと、物資の調達と乗員の休息のため、船は「風待ち港」に停泊し、西へ東へ、目的地に向けて進むのに程よい風が来るのを待っていた。

 ある者は宿に泊まり、海上ではめったに口にできない新鮮な野菜に舌鼓を打ちながら時を過ごす。そしてある者は、航海中に“調達”できない水上遊女に、しばしの安息を求めたのであった。

 この水上遊女は「把針兼(はしりがね)」と呼ばれ、その字が表すとおり、船の帆や乗員の衣服などを繕う仕事もした。時には10日、長ければ1ヵ月ものあいだ“貸切”にし、ほかの港との往復の航海をともにすることもあったという。

 明治以降、「把針兼」が禁じられ、また島自体が「風待ち港」としての役割を終えてもなお、この「伝統産業」はその役割をより大きなものとして島を支え続けた。

 近代化の中で、終戦後の売春防止法と「赤線・青線」の生成を持ち出すまでも無く、「前近代的な性倫理」「売春」といった「あってはならぬもの」は公衆の面前から隠蔽されゆく。

 しかし、隠蔽されたところでそれが無くなることはなく、むしろ「あってはならぬもの」であるがゆえに、その必要性はむしろ高まった。国の成長を縁の下で支える公然のタブーとして、人目につきにくい場所に背負わされ、寄せ集められ、そして保存されていった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  売春 , 原発 , 地方
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


開沼 博(かいぬま・ひろし) [社会学者]

1984年、福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。専攻は社会学。学術誌のほか、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。
著書に『漂白される社会』(ダイヤモンド社)、『はじめての福島学』(イースト・プレス)、『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)、『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久との共著)、『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。
第65回毎日出版文化賞人文・社会部門、第32回エネルギーフォーラム賞特別賞。

 


開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に

不法就労外国人、過激派、偽装結婚プロモーター、ヤクザ、チーマー、売春婦……。彼らはときに「アウトロー」や「アンダーグラウンド」と評され、まるで遠い国のできごとのように語られてきた。しかし、彼らが身を置く世界とは、現代社会が抱える矛盾が具現化された「ムラ」に過ぎない。そして、「あってはならぬもの」として社会からきれいに“漂白”されてしまった「ムラ」の中にこそ、リアリティはある。
気鋭の社会学者である開沼博が、私たちがふだん見えないフリをしている闇の中へと飛び込んだ。彼はそこから何を考えるのだろうか? テレビや新聞を眺めていても絶対に知ることのできない、真実の日本を描く。全15回の隔週火曜日連載。 
 

「開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に」

⇒バックナンバー一覧