ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

価格崩落の市場で割安・高付加価値PCを試す富士通の“本気度”

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第57回】 2008年12月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
FMV-BIBLO NW
富士通の新モデル「FMV-BIBLO NW」は、16型ワイド液晶を採用するAVノート。キーボード上のサブ液晶「タッチスクエア」が特徴だ。

 不況の中、パソコンは比較的健闘している商品の1つと言える。統計によっては、11月の売上げが対前年比でプラスになっているのだ。

 その理由はいくつか考えられるが、“ネットブック人気”が市場を牽引していることも間違いないだろう。

 ネットブックは、下落が続くパソコン市場の象徴的な製品と言えるだろう。1995年にインターネットブームが起こってから、テレビパソコンに至るまで、パソコン市場は、繰り返し盛り上がりを見せていた。その度に新製品が登場し、価格が持ち直していたのだ。

 ところが最近は、メーカー各社の消耗戦に突入した感があり、A4ノートの店頭モデルでさえ、10~12万円程度が当たり前になっている。この価格で、「Office 2007」が付いているのだから、相当安い。

 また、5万円のネットブックは、非常に安く感じるかもしれないが、実は直販メーカーなら、一般的なA4ノートも5万円台で買えるようになってきている。こんな状況では、国内PCメーカーは価格競争に勝てないだろう。徹底的に安売りする体制ができていないからだ。

 もちろん、手厚いサポート体制を敷くなど、国内メーカーならではの付加価値をプラスしている。だが、この不景気では、価格競争に巻き込まれて当然である。ユーザーはサポートより、「サイフから出て行く金額」を有難がるだろう。

 とはいえ、国内メーカーとて、価格競争に甘んじる気はない。価格が下落するいっぽうの現状を打破するために、来年の春~夏あたりに向けて、安売りではない付加価値のある勝負モデルを各社が打ち出してきそうだ。

 そんな状況下、今回取り上げる富士通の「FMV-BIBLO NW」シリーズは、新付加価値提案モデルの先陣と言えそうである。この新しいAVノートは、キーボードの上に2つめの液晶モニターが付いているのだ。つまり、上下両方にディスプレイとして機能する液晶を持っている。

 この手の発想は、これまでにも実に多くの人が思いついたことだろう。キーボードの代わりにタッパネルを利用して、上下両方とも液晶のノートを作ろうというアイデアを見たこともある。「Windows Vista」の標準機能にもサブ液晶が含まれているが、機能が限定され過ぎてヒットしなかったのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧