ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
原英次郎の「強い中堅企業はここが違う!」 トップに聞く逆境の経営道

ファンドから来た男【後編】
日本オイルポンプ中尾真人社長
いかにして送りこまれた人間から
NOPの“ヒト”となったか

原 英次郎 [週刊ダイヤモンド論説委員]
【第28回】 2012年6月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2009年の9月に、中尾は日本オイルポンプ(以下、NOP)を買収したポラリスファンドから、副社長として送り込まれた。前編に続き、後編では外部から送り込まれた中尾が、どのようにしてNOP社員たちの警戒心を解き、心をつかんでいったかを聞く。

代理店主体から
自ら売る体制を構築中

中尾はNOPの問題点を、高い収益率に満足した「不健全な安定感」だと認識した。この「不健全な安定感」を打破するために、中尾が掲げた目標は、新製品の開発、QCD(クオリティ、コスト、デリバリー)で徹底的にトップの地位を維持・達成すること、海外進出の三つ。前編では前者の二つについて語ってもらった。三つ目の海外進出だが、09年当時、海外売上比率はまだ15%程度だった。

なかお まさと/1987年慶應大学大学院理工学研究科工学修士、同年4月東京電力入社、93年米国Rensselaer Polytechnic Institute大学院でMBA、95年ボストン コンサルティンググループ マネジャー、02年ミスミ(現ミスミグループ本社)取締役、05年MSKパートナーズ パートナー、09年9月日本オイルポンプ副社長、10年2から代表取締役社長。

中尾 今まで海外は言ってみれば、代理店任せだったんです。代理店から注文がくるのを待つというような感じでした。あまり売り込みにも行っていないし、逆に海外から要望が来ても、「そんなのほっとけよ」というのが、2009年の段階でした。お客さんが見えていなかった。

 今、中国に現地法人があるんですが、まずそこの営業の強化をしました。単に丸腰で営業に行ってもダメなので、武器にしたのはやはりデリバリー(前編参照)です。それまで日本から製品を輸出するだけだったので、納期は1ヵ月以上かかった。そこで中国にまずアセンブリー工場を作って、注文があると、ばっと組み立てて出すというモデルを作りました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

原 英次郎 [週刊ダイヤモンド論説委員]

1956年生まれ、佐賀県出身。慶應義塾大学経済学部卒。
1981年東洋経済新報社に入社。金融、証券、エレクトロニクスなどを担当。
1995年『月刊金融ビジネス』、2003年4月『東洋経済オンライン』、
2004年4月『会社四季報』、2005年4月『週刊東洋経済』の各編集長などを経て、2006年同社を退社。
2010年3月ダイヤモンド・オンライン客員論説委員、2011年10月編集長、2015年1月より現職。
主な著書に『銀行が変わる?!』(こう書房)、『素人のための決算書読解術』(東洋経済新報社)。

原英次郎の「強い中堅企業はここが違う!」 トップに聞く逆境の経営道

世界同時不況で電機・自動車など日本のビッグビジネスが軒並み崩れる中、しぶとく踏み止まる中堅企業がある。経営学の教科書からは学べない「逆境の経営道」をトップへのロングインタビューで探る。

「原英次郎の「強い中堅企業はここが違う!」 トップに聞く逆境の経営道」

⇒バックナンバー一覧