ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
高橋潔 「脱」ガラパゴス人事

幸福を呼ぶキャリア論

高橋 潔 [神戸大学大学院経営学研究科教授]
【第3回】 2012年6月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大学にハローワークの時代が到来

 「失敗しないマイホーム」や「失敗しないダイエット」まで、世の中には「失敗しない○○」が流行っている。ミスや失敗を恐れる考え方や、周りと同じでよいという横並び意識は、われわれ大人にも深く染みついている。だから、「失敗しない○○」と喧伝するマーケティング戦略を打てばベストセラーが生まれるし、「失敗しないキャリア選択」がまかり通ってしまう。

 別に、「失敗するキャリアを選択せよ!」と言っているわけではない。キャリアに成功も失敗もない。あるのは主観的な評価だから、自分のキャリアは失敗だと信じ込んで、その場に立ちすくんでしまうことが、失敗の本質だろう。格言にもあるように、「失敗はつまずくことではなく、つまずいたままでいることである」。

 5月12日、教育界は大いなる安堵感に包まれていた。政府がまとめる「若者雇用戦略」として、大学内にハローワークを設置する案が示されたからだ。雇用のミスマッチを解消するために、地方の国公立大学や私立大学にハローワークの窓口を常設し、専門相談員を派遣する。そこで、内定が得られないかわいそうな学生たちに、自己PRやエントリーシート(ES)の書き方や面接の受け方などを、個別に指導するという。

 就職指導実績の浅い大学や地方の大学にとっては、キャリア問題についても、政府が主導する護送船団方式は、とてもありがたいことだ。だが、はたしてこれで、キャリアの問題が解決するのだろうか? そもそも、いったい何が問題だったのか?

キャリアスタートの縮み志向

 職業キャリアのスタート時点では、まず「就職」という大きな壁が立ちはだかっている。小津安二郎監督の有名な映画「大学は出たけれど」(1929年松竹)をリメークするかのように、リーマンショック以降の金融不況の影響を受けて、就職が厳しさを増している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋 潔 [神戸大学大学院経営学研究科教授]

1984年慶應義塾大学文学部卒業、1996年米国ミネソタ大学(University of Minnesota)経営大学院博士課程修了(Ph.D.)。南山大学総合政策学部助教授などを経て、現在,神戸大学大学院経営学研究科教授。専門は産業心理学と組織行動論。経営と人事管理に関連した事象を心理学的なアプローチから研究している。主な著書に『〈先取り志向〉の組織心理学―プロアクティブ行動と組織』(有斐閣・分担執筆)、『人事評価の総合科学―努力と能力と行動の評価』(白桃書房)、『Jリーグの行動科学―リーダーシップとキャリアのための教訓』(白桃書房 編著)など。


高橋潔 「脱」ガラパゴス人事

日本企業の人事制度・人事施策を別の視点から考え直す。それが本連載の目的だ。これまで、長期の雇用と年齢にともなった処遇を旨としてきた日本の組織。それが、グローバル時代に通用しなくなってきた。たとえば、新規学卒者の一括採用、年次によるキャリア管理、処遇に直結しない人事評価、OJT偏重の人材育成、遅い昇進と幅広い異動など。これを象徴的に「ガラパゴス人事」と呼んでみよう。日本の組織で特有に生まれた人事の仕組みについて、ミクロの視点から鋭く切り込んでいく。また、グローバル展開を目指す組織にとって、現状の問題点をあぶりだす目と、変革のための示唆を与えていく。

「高橋潔 「脱」ガラパゴス人事」

⇒バックナンバー一覧