ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営の“肝”あなたの会社が成長しない理由は?

コンサルティングレポート第2回
飽和市場で取るべき新規開拓の着目点

川原慎也 [船井総合研究所 東京経営支援本部]
【第7回】 2012年7月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回に続き、コンサルティングレポートの第2回をお届けする。なかなか営業成績が上向かないスズキ電機工業。社長との偶然の出会いから、全6回の「リーダー育成プログラム」を行なうことに決まったが、4回目で早くも軌道修正を迫られた。各営業所のリーダーは、リーダーの仕事、つまり部下のマネジメントを行なう時間がそもそも取れていないのだ。これでは、リーダー研修をやっても意味はない。さらに営業現場の様子を見ていくと、それぞれが忙しすぎて、新規営業先の開拓にも時間が取れていないことが分かった。スズキ電機工業は、法人向け電機製品を取り扱う商社で、成熟市場で激しいシェア争いを繰り広げている。飽和市場、成熟市場ということは、すなわち新規顧客の獲得ができなければ、成績は上向かない。筆者は、「リーダー育成」よりも、「新規開拓力の向上」に着目した。

新規顧客開拓が進まない
真の理由を解明する

 スズキ電機工業の業績低迷の要因として、「新規開拓力の低下」は明らかだった。事実、ほとんどの営業所が目標として掲げている新規開拓件数を大きく下回っているような状況に陥っていた。

 よって、鈴木社長に対して新たに提案したのは、「まずひとつの営業所に絞り込んで新規開拓の成功パターンを構築し、それを他の営業所に水平展開していく」というものだった。

 すると、鈴木社長は心配そうにこんな質問を返してきた。

 鈴木社長:「確かに新規開拓は大きな課題で、ここ数年は我が社に限らず、業界他社も非常に悩んでいるところだと思う。そういう意味では、成功パターンを作るといってもなかなか容易ではない気がするんだけど、何か妙案を持っているのかな?」

 筆者:「今のところ、コレという解決策を持っているわけではありません。しかし、現場を回らせていただいた結果、想定している問題は2つあります。1点目は、時間配分についてです。新規開拓強化と言いながらも、多くの営業マンは新規開拓に時間を振り向けていない可能性が高いようなので、活動実態を明らかにしなければならないと思っています。

 2点目は、ターゲティングです。新規ターゲットリストを作成しているようですが、営業マンの意識はそのうちどこかが開拓できればラッキーという感じに見えました。このあたりの計画と実行度合いも最初に確認すべきところです」

 そもそも新規開拓にかける時間が不足している営業マンと、それなりに活動してはいるものの結果に繋がっていない営業マンに分かれていたので、その原因を突き止めたいという意味でこのように答えた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

川原慎也 [船井総合研究所 東京経営支援本部]


1兆円以上の大手企業から社員3名の零細企業に至るまで、企業規模や業種業態を問わずに戦略実行コンサルティングを展開するという同社では異色の経験を持つ。「視点を変えて、行動を変える」をコンセプトに、戦略策定段階では「お客さまとの約束は何か」→「約束を果たすためにやるべき仕事は何か」を考え抜こう、計画策定段階では「計画が頓挫する可能性の対処策」を考え抜こう、実行段階では「勝たなきゃ組織一体化しない」から“勝ち”を積み重ねる階段を考え抜こう、と経験に裏打ちされた“視点”への刺激が散りばめられ、組織を動かす原動力へと変えていく。
最新著に『絶対に断れない営業提案』(中経出版)がある。

【関連サイト】『経営参謀の視点』※毎週月曜日更新 

 


経営の“肝”あなたの会社が成長しない理由は?

「経営指南書に書いてあることを実践しても効果がない」。そんな悩める社長や部課長さんに、大手経営コンサルタント会社、船井総合研究所の4人のコンサルタントが現場で得られる業績向上のヒントを提供します。日々、クライアント企業の現場に足を運び、一緒に汗を流しているからこそ得られる経営の“肝”を公開。執筆陣は住宅、不動産、製造業、小売り、商社、エネルギーなど、多くの業界でのコンサルティング経験を持っています。現場で役立つ情報満載でお届けいたします。

「経営の“肝”あなたの会社が成長しない理由は?」

⇒バックナンバー一覧