ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
特集デジタル時代のマーケティング戦略2011
国勢調査で発掘! 東京23区お役立ちデータ
【第6回】 2012年7月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長],小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員],一般社団法人東京23区研究所

江戸とサウジアラビアで男性比率が高い
共通の理由は何か。
人口性比で23区の男女比率の違いを検証する

previous page
4

女は、街選びも「3高」で?

 では、家を出た女たちはどこに向かうのか。女性が追い求めるものを思い起こせばいい。そう、「3高」※1。高身長のデータなないが、高学歴は国勢調査でわかるし、高収入も総務省がデータを公表している。

 「3高」なんてもう古い。今や「3平」※2の時代だという声も聞こえてきそうだが、性比が低い(=女性が多い)区は、高学歴者比率(短大以上の卒業者の割合)も所得水準(1人あたりの平均所得額)も、はっきりと高い。

 未婚者に限ると、性比と所得水準の順位相関係数は▲0.87。みごとなまでの相関を示す(相関係数にマイナスがつくのは、性比が低いほど女性が多いからで、相関が負の関係になるためである)。

【図2】所得水準と未婚者性比の相関 2010年   資料:総務省統計局「国勢調査」より作成拡大画像表示

   最後に、性比にまつわるトリビアデータを紹介しておこう。婚活適齢期となる25歳~39歳の未婚者。東京23区の性比は121で、男のほうが2割以上多い。ならば他県でパートナーを探そう。いや、これも難しい。全国平均値は135だし、東京の周辺県は軒並み140~150台を示す。ところが、この数値はなぜか西低東高で、東京23区より値が低い9府県はすべて近畿と九州に集まっている。※3

 東京で婚活に悩む男性諸君! 素晴らしき出会いを求めて、西へ旅立ってみますか。

※1 バブル期の女性が理想とする結婚相手の条件が「高学歴」「高収入」「高身長」といわれたことから当時流行語になった
※2 ポストバブル期の女性が結婚相手に求める条件は「平均的年収」「平凡な外見」「平穏な性格」で長期的に安定した生活を営めること、という説による
※3 データの詳細は、東京23区研究所のホームページ「婚活戦線異常あり!」
で公開中
 

 

previous page
4
特集デジタル時代のマーケティング戦略2011
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
underline

池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長]

一般社団法人東京23区研究所所長。東京大学都市工学科大学院修士修了。(財)東京都政調査会で東京の都市計画に携わった後、㈱マイカル総合研究所主席研究員として商業主導型まちづくりの企画・事業化に従事。その後、まちづくりコンサルタント会社の主宰を経て現職。

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員]

一般社団法人東京23区研究所上席研究員。1978年より財団法人・東京都政調査会研究員、都市問題・自治体政策の研究に従事。87年より中央大学社会科学研究所・客員研究員、多摩地区の地域開発研究に従事。その後、フリーを経て現職。

一般社団法人東京23区研究所

東京23区をさまざまな角度から調査・分析している。マーケティングレポートなどを発行。HPはこちら


国勢調査で発掘! 東京23区お役立ちデータ

国勢調査の結果は、大規模なデジタルデータベースとしてネット上で公開されているマーケット開拓情報の「宝の山」だ。反面、その内容があまりにも精緻であるがゆえに読み解き方は難しい。当連載では東京23区を例に取り、膨大な国勢調査データを実務に生かすヒントを紹介する。

「国勢調査で発掘! 東京23区お役立ちデータ」

⇒バックナンバー一覧