ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
特集デジタル時代のマーケティング戦略2011
国勢調査で発掘! 東京23区お役立ちデータ
【第5回】 2012年6月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長],小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員],一般社団法人東京23区研究所

幼児人口は裾広がり
東京の子どもはなぜ増える?
とはいえ、子どもが減っている区と増えている区は真二つ

1
nextpage

 東北大学の吉田博教授によると、およそ100秒に1人の速さで子どもの数が減っているという。2010年の日本の子ども人口(15歳未満)は、2000年に比べ167万人の減。ほぼ鹿児島県の人口に相当する。

 ところが、過去10年間に子どもの数が増えた都道府県が2つある。1つは神奈川県の0.3%増。もう1つが東京都で、こちらは4%増。東京23区は、さらにこれを上回る5%増を示す。少子化が進む中にあって、東京そのものが子どもの増加が目立つ街なのだ。

どっしり安定、東京の子ども
人口ピラミッド

 日本の人口ピラミッドは、団塊の世代と呼ばれる60代前半と、団塊ジュニアの30代後半に2つのピークがあるが、30代前半以下では若くなるほど人口数が少なくなるツボ型をしている。子ども人口の部分を拡大してみても、10~14歳が592万人、以下5歳きざみで559万人、530万人とだんだん減っていく。

 ところが東京23区は、10~14歳31万人、5~9歳31万人、0~4歳33万人。4歳以下の幼児の数が、お兄ちゃん、お姉ちゃん世代よりも多い。1歳きざみでもっと細かくみてみると、5歳が6万人に対して0歳は7万人。ピラミッドの一番底の部分が、急に裾広がりになる。底に台がついた金魚鉢のような形で、実にどっしりと安定している。

【図1】子ども人口ピラミッド 2010年
 
資料:総務省統計局「国勢調査」より作成
  拡大画像表示

 

1
nextpage
特集デジタル時代のマーケティング戦略2011
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
underline

池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長]

一般社団法人東京23区研究所所長。東京大学都市工学科大学院修士修了。(財)東京都政調査会で東京の都市計画に携わった後、㈱マイカル総合研究所主席研究員として商業主導型まちづくりの企画・事業化に従事。その後、まちづくりコンサルタント会社の主宰を経て現職。

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員]

一般社団法人東京23区研究所上席研究員。1978年より財団法人・東京都政調査会研究員、都市問題・自治体政策の研究に従事。87年より中央大学社会科学研究所・客員研究員、多摩地区の地域開発研究に従事。その後、フリーを経て現職。

一般社団法人東京23区研究所

東京23区をさまざまな角度から調査・分析している。マーケティングレポートなどを発行。HPはこちら


国勢調査で発掘! 東京23区お役立ちデータ

国勢調査の結果は、大規模なデジタルデータベースとしてネット上で公開されているマーケット開拓情報の「宝の山」だ。反面、その内容があまりにも精緻であるがゆえに読み解き方は難しい。当連載では東京23区を例に取り、膨大な国勢調査データを実務に生かすヒントを紹介する。

「国勢調査で発掘! 東京23区お役立ちデータ」

⇒バックナンバー一覧