ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

“iPadの半額以下”でタブレット市場へ参入
グーグルの進化は成功するか

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第192回】 2012年7月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 グーグルは6月27日に、タブレット型端末をはじめとする3種類のハードを発売することを発表しました。マイクロソフトも同様の端末の発売を発表したこともあり、タブレット市場への参入の増加という面ばかりが注目されていますが、発表を見ていると、グーグルが進めつつあるいくつかの新たな進化にも注目すべきではないかと思います。

ハード起点の垂直統合へ

 アップルが圧倒的なシェアを持つタブレット市場に、グーグルやマイクロソフトといったサービス/ソフト企業の巨人が新たに参入するということは、ネット・ビジネスの競争のパラダイムが、それまでのプラットフォーム中心からプラットフォーム+ハードにシフトしつつあることを表しています。

 ネットへの入り口がパソコンというコモディティであったときは、ハードの重要性は皆無に等しかったと言えます。しかし、スマホやタブレットという持ち運びできる端末が普及し、それがネットへの入り口として主要な地位を占めるに従い、ネット上では、魅力あるハードを起点にした垂直統合型モデル(魅力あるハード→そこに用意されたプラットフォーム→そこのオンラインストアで購入できるコンテンツ)間での競争が激しくなっているのです。

 そこでは、ハード上で利用可能なアプリやコンテンツもさることながら、ハード自体のデザインや機能、ハードとソフトの一体的設計といった要素の重要性が一気に高まったと言えます。

 そこでグーグルはネクサス7というタブレットの販売を始めるのですが、まず注目すべきは約200ドルというその価格です。アマゾンのキンドルとほぼ同水準なのですが、キンドルはアマゾンで購入した書籍などのコンテンツを楽しむための専用端末であり、500ドル以上するiPadより分厚いにもかかわらず、カメラやGPSなどの機能もないのに対し、ネクサス7は薄く、iPadと同じレベルの機能を備えているのです。

 実際、現段階で米国メディアが実際に使っての評価を見ていると、アンドロイド上のオンラインストア(グーグル・プレイ)でのアプリやコンテンツの充実度こそアップルやアマゾンよりかなり見劣りするものの、ハードの機能やハードとソフトとの一体性などは高く評価されています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧