ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

野村総合研究所社長 嶋本 正
ビッグデータが社会を変え
日本企業を飛躍させる

2012年7月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

膨大な量のデータをスピーディに分析し社会や経営に生かす「ビッグデータ」ビジネス。最前線を走る企業にその意義と活用を聞いた。

Photo by Toshiaki Usami

──昨今、話題の「ビッグデータ」を、どう考えるべきか。

 従来、多くのデータの中から、価値のある情報を抽出して活用することは行われてきた。それが技術とインフラの発展で、より膨大な規模が対象となり、活用が質的に高まるということだ。

 スマートフォンやセンサーなどが普及し、情報が刻々と収集される。クラウドと呼ばれる、通信網でつながった複数のコンピュータで、そうした情報が瞬時に分析される。その結果、変化の背景が深く読めたり、精度の高い予測ができるようになったりする。

──昨年の大震災時に、すでに力を発揮した。

 ビッグデータを活用した当社のサービス「全力案内!」は、渋滞情報をリアルタイムで提供できた。自動車で走行中のドライバーの携帯電話から走行データを集め、分析・加工してサーバで地図データとして保持。サービスの会員はその情報を携帯端末で見に行くことで、渋滞を避けられた。

──今後、仕事のやり方も劇的に変わっていくのか。

 その可能性は大きい。重要なのは、膨大な情報の分析をどう読み取り、判断するか。当社はIT専門家とコンサルタントが長年協働してきたが、そうして培った力とノウハウで、他社にはない価値を提供できると考えている。

──企業の枠を超えた、共創の実証実験を今春から始めた。

 コンサルタントだけでなく、研究者や技術者も顧客と直接情報交換し、その課題を聞き、議論を重ね、解決策を探っていく。第三者の専門家も巻き込んでいく。先行事例の一つとして、ビッグデータの活用方法を開発する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧