ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

逆転の発想とIT活用でつくる
「高齢者が若者を支える」未来の高齢社会

安間裕
【第14回】 2012年7月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

 こういったことは今の技術でも十分に可能で、廣瀬先生の研究室で活躍している檜山特任助教(弊社のキシモト君の東大時代の同期)は、柏市で既に実証実験をしているそうです。

辣腕営業部長の知見を人格化

 もう一方の考え方は、偉人と言われるような方はもちろん、そこまでじゃなくても、辣腕営業部長や辣腕工場長の知見や経験を、ITで企業に提供することはできないかというものです(廣瀬教授の資料では、本田宗一郎さんの「教え」などをITでバーチャルに人格化するというのもあって、それももちろん、面白いです)。

 例えば、「辣腕営業部長クラウド」。

 かつて辣腕で鳴らした営業部長たちが、クラウドの向こうにいて、攻略中の顧客の状況などをリモートで説明すると、戦略のアドバイスをしたり、プレゼンテーションの指導をしたり。

 これも「草むしり」と同様のマッチングシステムがあれば、結構いけるんじゃないかと思います。

 それに、置かれている状況によって複数の辣腕部長を切り替えてマッチングさせることにより、一人の辣腕部長よりも、もっとすごい、超辣腕部長がバーチャルに人格化されることも可能になります。

 次に、分業可能な作業を自動で分担する技術。

 例えば、私の本業のITコンサルティングとシステム構築も、何人かのプログラマーが共同で一つのシステムを構築します。これも、在宅でできるので、かつての第3次オンラインシステムを構築した、「匠のプログラマー」たちが、分業して当たることも可能かもしれません(「肉食系」高齢者であれば、知識欲も旺盛なので、最新テクノロジーも、きっとすごい勢いで習得してくれるのではないでしょうか?)。

出典:独立行政法人科学技術振興機構
previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

Special PR


facebookもチェック

現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

グローバル経済のなかで地盤沈下の進む日本。再びIT先進国として飛躍するためには、ITをビジネスの武器とする発想が必要だ。ビジネスは現場が肝心。現場の意思決定のスピードアップなど現場力向上に先端ITをどう生かしていけばよいか、IT業界のフロントランナーがわかりやすく解説する。

「現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則」

⇒バックナンバー一覧