ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

検索機能の活用で、いかにして目的にたどり着くか(1)

──ダイレクト検索、横とび検索、ジグザグ検索

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第16回】 2008年3月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 検索は、つねに容易なことではない。とくに抽象的な概念について知りたいときには、なかなか難しい。

 「検索の方法」について解説したものはいくつかあるのだが、適切な方法論を論じたものを、私はまだ見たことがない。「検索」という技術は比較的新しいものなので、われわれはまだその使い方に慣れていないのだ。体系的な理論も開発されていない。現段階では、検索の方法論は「チップス」や「ノウハウ」のレベルでしか提供できない。

 ただし、「効率的な検索法とはなにか」をつねに意識していることが必要だ。そして、試行錯誤する。それだけでも、仕事の効率はだいぶ違うものになるだろう。

 検索の方法論は、学校で教えるべきことだと思う。それは、IT社会においては、「読み」「書き」と同じような基本的方法になるからだ。さらに、この能力をテストすることも必要である。

 「夏休みの宿題を、ウェブの情報をコピーしてペーストするだけで作って提出してくる生徒がいる」と嘆く先生がいる。しかし、ウェブで調べればわかることを、わざわざ図書館に行って調べる必要はない。ウェブの検索機能を活用すればよいだけのことである。そして、ウェブにある情報なら、わざわざ書き写す必要はない。「コピーしてペーストするだけ」というのは、当然のことだ。

 問題は、教師の側にある。つまり、ウェブで調べればわかることを宿題にしていることこそ、問題なのだ。この話は、教師が生徒に追い越されてしまっていることを示しているだけのことだ。

 学校の試験も入学試験も、「何でも持ち込み可」という条件で行なうべきだ。知識ではなく、問題解決能力をテストする必要があるからである。「問題解決能力こそ重要」と言いながら、その能力をテストしていない。そして、依然として知識をテストしようとしている。

 入社試験も、同じだ。「時事用語の意味の説明」などという試験問題を出している会社は、受けないほうがよい。数年経てば左前になる危険が大きいホープレスな会社だからである。

 「時事用語の意味の説明」ではなく、インターネットに接続しているパソコンを置いた試験場で、検索の能力をテストすべきだ。たとえば、「インターネットの検索機能を活用して、新しい業務の企画書を作れ」というような問題にしたらどうだろう。将来会社の役に立つ人材を見つけられることは間違いない。

ダイレクト検索:
対象の「名前」を検索語として用いる

 以下では、検索の方法について論じることとしよう。検索には、いくつかの方法がある。

 第一は、対象の名称を直接に検索語として用いる方法だ。これは、誰もが日常的に行なっている方法である。この方法を、「ダイレクト検索」と呼ぶことにする。

 ここでの問題は、検索語として何を用いるかである。一般的な普通名詞では、ヒットする対象数が多くなりすぎて、あまり有効でない。たとえば、「ITが経済活動に与える影響」を調べたいとき、「IT」でも「経済活動」でも駄目である。これらを用いて「and検索」をしても、あまり有効でない。検索語としては、できるだけ限定的なものを用いるべきだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
野口悠紀雄氏の最新刊「円安バブル崩壊」好評発売中!

急激な円高と止まらぬ株価下落。日本経済はいまや深刻な危機に。「サブプライムショック」はあくまでも引き金に過ぎない。根本的な原因は、あり得ない円安・低金利政策にある。経済政策の無能を厳しく指弾する痛快経済エッセイ! 1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

本当に使える情報源を求めて、野口教授が広大なインターネット・ワールドを駆けめぐる。各種情報源の特徴から使い勝手まで、辛口コメントを交えて大公開!

「野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道」

⇒バックナンバー一覧