Digital Experience! TOP>DIAMOND online>マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー
【第19回】 2012年8月13日
著者・コラム紹介
藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

なでしこ佐々木監督の
「ものすごい」ストーリーテリング力

メンバーが主体者意識を持つ組織はここが違う

「ものすごい」に尽きる
なでしこのマネジメント力

 昨年のワールドカップに続き、ロンドンオリンピックでも大活躍した女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」の強さの理由の一つが、佐々木則夫監督のチームマネジメント力であることは、誰もが認めるところでしょう。

 予選通過が決まった後の南アフリカ戦では、世界中からの批判を覚悟してまでグループ2位狙いをし、来るブラジル戦の勝利にかけた佐々木監督でしたが、是々非々で臨んだ大きな賭けに見事勝利する結果を出して見せました。

 もし、佐々木監督が記者会見で“引き分け狙いの真意”について、あれほどまでにきちんと説明していなかったら、おそらく試合前や試合中の監督の指示について、選手が根掘り葉掘りミックスゾーンで取材されていたに違いありません。

 指揮官としては、こうした選手の負担を回避するため予め記者会見で懇切丁寧に説明し、「責任は僕にある。選手に指示をして、やらせたのは僕」と、すべての矛先を自分に向けたのでしょう。ミックスゾーンに姿を見せ、記者会見の“続き”をしたのもそのためだったのかもしれません。

 そんな監督の勝利へのこだわりと自分たちへの配慮に応えるために、おそらく選手たちも奮起したのだと思われます。仮に、佐々木監督がここまで計算して戦略ストーリーを描いていたとしたら、これはもう“すばらしい”を通り越した“ものすごい”マネジメント能力だと言わざるを得ません。

 佐々木監督のチームマネジメントについて、以前読んだインタビュー記事が、企業のマネジメントにも非常に参考になったので、その一部をご紹介します。

W杯を笑顔で勝ち取った佐々木監督。“なでしこマネジメント5つの法則” 
Number Web (2011.7.31) 

 記事によれば、試合翌日、佐々木監督は基本的に主力組の練習には顔を出さないことにしているそうです。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧